最近の頼まれ事

最近よく頼まれるのが名義変更手続き。 今回は所有権解除や、他店で買ったクルマです。 リピーターのお客様なので、もちろんお引き受けますが、書類が揃ってなくギリギリになるケースが多いので、簡単に必要書類を説明します。(普通車)

まず手放す側が揃える書類が、
①車検証 ②印鑑証明 ③委任状 ④譲渡証 です。  

これから所有者になる方が揃える書類が、
⑤印鑑証明 ⑥実印 ⑦車庫証明 です。

中古車販売店から買って、自分で名義変更する場合はこれをもっていけばOKです。 あとは名義を変えるクルマに乗り管轄の陸運局に行って、代書を使えば間違えることはまず無いので無事に終わる事でしょう。

所有権解除の場合は、そのままの住所で解除する場合は車庫証明は不要です。 ①の車検証は自分で持っているはずなので、ローン会社の②③④と自分の①⑤⑥があればOKです。 ナンバーはそのままの番号で問題ないので、クルマの持ち込みは不要です。書類の手続きでおわりますので、簡単ですね!

今回の所有権解除はお客様はローン会社から書類は貰っていたのですが、なかなかやる暇がなく時間が経ち、印鑑証明の有効期限の3ヵ月ちょっと前に頼まれたので、間に合ってよかったです。 ローンを完済して自分名義にしようとする場合、暇がなく時間がとれそうも無かったら、とりあえずそのままにしておいても問題はないので、時間のとれるときに行いましょう。
本日の仕事は、シトロエンAXのリフレッシュ作業と、パンダの修理依頼、名義変更依頼でした。 パンダはマフラー脱落と、助手席側のキーシリンダー不良のため整備工場に入庫しました。もうだいぶ長く乗っていただいているフィアット・パンダ。 見かけによらずステアリングの重いパンダを女性オーナー様に乗っていただいております。 今では在庫車のほぼすべてにパワステが付いているので、たまに無いクルマを運転すると重いよね。。 

あれを経験すれば、据えギリのやり過ぎはそうとう負荷がかかっているとわかるものですが、今のクルマはパワステなので全くそんな事を感じさせない。 スーパーでおばちゃんがウィーン、ウィーン言わせながら据えギリしまくり駐車させるのをみて、パワステの付いていないオーナーたちは何を考えるのか・・・下手くそ!?or 羨ましい!? どっちですかね。

でも、そんなことを新車の時からやっても壊れないのが国産車。 さすがです! 旧車に乗る人はいたわりながら乗っている人がほとんどなので、クルマも幸せですね。 今週、アウディ80へのお問い合わせがあり、来週に見に来てくれる予定です。 当日は仮ナンバーで走らすことになると思いますが、しばらく在庫で眠っているので早く嫁ぎ先を見つけたいものです。いたわり上手な皆さん、アウディ80はどうですか? 今見てもなかなか素敵ですよ! 

スポンサーリンク