バーキン・セブン入庫

今週の金曜日はBMWの名義変更を頼まれていたので、午前中に水戸陸運局へ。 帰って来てから在庫で仕入れたバーキン・セブンの写真を撮ろう思っていたところ、すぐに整備工場へ運びこまれていきまして写真が載せられずにすみません。 

前回ちらっと書いたボクスターとバーキン・セブン。 どちらも魅力的な車種で、2シーターオープン、後輪駆動と共通点もありますが、さすがにこの2台で迷っている人には出会ったことがありません。。もし、ボクスターやZ4、SLKなどと、スーパーセブンのどちらかに迷っている方がいれば思い切ってセブンの世界に飛び込んでみるのもいいかも? 運転は思っている以上にし易いですし、ダイレクト感がたまらない。 

ただこのクルマの助手席には変わり者の奥様しか乗ってくれなさそうですので、理解を得ないで買ったりすると怒られる確率も数倍に膨れ上がるでしょう。 夫婦でのんびりと旅行に出かける・・・こんなシュチュエーションをお考えの方はボクスターやSLKなどにして下さいね。  

今まで気にしたことはなかったのですが、スパルタンなモデルとして人気なセブンは、年式が古くなって走行距離が伸びても相場がほとんど変わらない。 誰にも乗ることが出来ない独特なクルマというのは、世間一般なクルマの相場の推移は関係ないようです。

バーキン、ケーターハム、フレイザー、ウエストフィールド、ドンカーブート、光岡など色々ありますが、たまにオークションに出てくる個体はバーキンが一番多いです。 まあ、多いといっても3ヶ月間の全国のオークションで10台ほどしか出ていないので、そんなに完璧な個体を探せないのが現状です。 
今回も3~4ヵ所ダメなものがありましたが、これくらいはしょうがないっす。 これからコツコツ直して、完成するのが非常に楽しみ。 これから少し余裕のあるときは、この手のクルマもいいな~と思うようになりました。

こちらは在庫のボクスター。 

986bokusuta- 

近過ぎてよくわからないので、私の好きな角度から撮りました。 この角度からだとリアバンパーの形状とビニール製幌ですので後期型じゃないことがわかります。

986k

bini-ruhoro

ボンネット、トランクオープナーはワイヤーですので、もしバッテリーが上がってしまった時は簡単にアクセスできますので楽チンです。

o-puna-

中期からはボンネットを開けるために、一回室内でつながなくてはならないのが少し面倒ですからね。。
ローターとパットを見ると替えてからそんなに経ってないと思われます。 下見をしていると、何もしないでいい所を使いつくしたクルマも出てきますから、そういう個体と比べると大変助かります。

bokusuta-hoi-ru

低パワーをいわれながらも200馬力は超えますから、そんなにパワー不足を感じることはありません。そして、17インチアルミとヘッドライト、テールを替えているせいか凄く素敵に仕上がっております。 是非、紅葉シーズンにオープンにしてドライブを楽しんで下さいませ。 

 

スポンサーリンク