クロスバイク

のび太の天敵・ジャイアン。 13連敗・球団ワーストを更新中のジャイアンツ。 大食いを趣味の延長からスポーツへと昇華させた小林尊のライバル・ジャイアント白田。 16文キックのジャイアント馬場。 ジャイアンという名にインパクトがあるせいか、この自転車はすぐに覚えることが出来ました。

ジャイアントのクロスバイク。 色合いがカッコイイ。洒落てます。

お客様の愛車には積極的に乗せてもらうことはしませんが、自転車は体験してみたい・・・とお願いをして乗せていただきました。 たま~にママチャリを乗る身からすると、さすがに軽トラとGTAくらいの性能差はあるのかと感じられる。エンジンが自分だとより体感できるよね。

車で「プロが乗るそこそこの性能」vs「素人が乗るスーパーカー」という構図はたまに見ますが、これの自転車バージョンを見たみたい。

後ろのガラスに緑・白・赤と貼ってあるので、イタリア製?いやいやメキシコ製? と思いたくなる撮影現場でございますが、こちらは台湾製。

車は白・黒の2強時代が続いておりますが、自転車はそうではなく派手な色が人気なのでしょうか? 私も買うなら派手なキイロやアオがいいなぁ・・・なんて思う。 Yさんの愛車のカラーは自動車のどの色と似ているのか・・・とパッと浮かんだ車種は初代・インサイト。

なぜ、この車がパッと浮かんだのか自分でもよくわからない。 ホンダ党のインテグラ・Hさんの影響を受けているのかも?

156が愛車のKさんは歩くと「カチカチ」と金属音がする靴を履いて、靴をペダルに固定させておりましたが、Yさんは普通の靴でカジュアルな装いです。

牛久からフラッと25キロを走ってきてしまうのだから、自転車乗りの行動範囲恐るべし。

そういえば、アウトランダーを買ってくれた、高校時代に自転車競技部だったKさん(19歳)から

「ペダルを固定させるとハムストリングが・・・」

と詳しく説明してくれた時に、

「久しぶりにハムストリングって聞いたな」

となんだか嬉しくなりました。 たまにはジムでトレーニングをしてみたくなるっす。

本日、ローバーミニの名義変更を終えて店に戻ると、RX-8で常総市からお越しのお客様がケイマンを見せて欲しいとご来店されました。

「今すぐにではないのですが・・・」

とおっしゃっておりましたが、在庫車に興味を持ってくれることは非常に嬉しいことでして、お客様の愛車のRX-8とケイマンの話で盛り上がる。

「当社には元RX-8乗りも、これからポルシェの世界に飛び込んでいく好青年も、カスタムもこよなく愛する方もたくさんいます。 よくお客様のエイトが店の前を走る姿を見ていたので、今度は気軽に遊びに来てくださいね! きっと皆さんと話が合うと思いますよ!」

と、素晴らしき当社の常連様アピールをしておきました。

「なんかあの店行くと、店員よりもお客さんのプッシュが強いんですけど!」

と思うかもしれません・・・が、裏からこっそりと「援護射撃ありがとよ!」とリベートが発生しているわけではなく、ただ皆さん趣味車が好きなだけなのでございます。 週末も多くのお客様のご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です