ショールーム内の攻防

ちょくちょく入れ替わるショールーム内の在庫たち。

店を閉め、電気を消してショールームから出た後は、カーズのような世界が起こっているのかもしれない。

「こんばんは! フランスからやってきたDS3です! 憧れだったショールームはディーラーでもなかなか置いてもらえる機会がなくて・・・

この明るいカラーリングで一緒にショールームを盛り上げたいと思っています! よろしくお願いします!」

「おお。 新入りか。 ここのマスターは定期的に新入りを替えるからな。 よろしくな。

ここは日が当たらずエアコン完備だから居心地がいいぜ。」

「そうだな。おれたちは光を浴びてもいいことないしな。

オープンに出来る仲間が、幌を張り替えて、日を当てることで幌が伸びて開閉がスムーズになる・・・いいことはこのくらいか。」

「ジネディーヌ・ジダンのいたフランスか。 ワールドカップでの頭突きはマズかったが、あいつのプレーは人を魅了したな」

「馬鹿野郎! フランスのスポーツ選手の代表といったら、ジャン・アレジだろうが!

後藤久美子はここ日本出身だしね。」

「俺はイタリアだから、トッティだべよ。 あれこそイタリア史上最高の10番だ。」

「中田の英ちゃんとも一緒にプレーしてたしね!」

「おい、サッカーの話をすればするほど、アイツらがほくそ笑んでるから、この辺でやめとこうぜ。」

「えっ~! もっとサッカーの話しようぜ!

2014年南アフリカ大会のドイツvsブラジルの試合でごはん何杯もいけちゃうぜ!」

「だよね! あの大会でのドイツの強さは際立っていたね!」

「あの~、盛り上がりのところ申し訳ないのですが、新入りはこれから何をしたらいいのですか?」

「おう! ちょっとドイツ勢が盛り上がり過ぎて悪かったな。

やることといえば、この店で一番注目される場所がゆえに、たくさんの人が色々と興味を示してくれるから、バッテリー上がりに気を付けた方がいいぞ!

たくさん開けられる分、通電されっからな」

「俺らくらい古かったら、キルスイッチ付けてもらえるんだけどね。 ただ、お前は俺らより若い。 バッテリー上りは根性で乗り切れよ!」

「ハイ!」

「そういや、お前は結構巷で人気あるみてぇじゃねぇか!

身体全体いい艶してっし、本当に欲しいと思った人が来たら、すぐに決まりそうだな。」

「そうっすか!? そういや、先輩たちは見て驚かれるも、動かざること山の如しですもんね!」

「バカヤロウ! お前、新入りが調子乗ってっと、すぐに表の屋根なし駐車場だからな!」

「すんません。 調子乗ってました。」

「さっき、996が『俺!いい人に見つけてもらって、これから楽しみだわ! じゃ、身体の調子を専門機関で見てもらうことが決まったから、今まで楽しかったぜ!』 と、勢いよく飛び出していったな。 お前もそうなるように、いつでも準備をしておけよ」

「ハイ!」

「そういえば、メガーヌのやつもお前の定位置狙っていたな」

「な!? 俺はメガーヌより目立つんで、店を明るくできますよ!」

「なんか従業員がメガーヌのこともやたらと褒めていたからな。 そういえば、さっき店の横に着けていたけど、後ろからの見た姿はなかなかのものがあったわ。」

( ゚Д゚).。o○(俺も目ん玉ひっくり返して、喜んでもらう特技以外に何か身に着けてたほうが良さそうだわ)

「まあまあ、中から見る景色と、外から見る景色、どちらも良さがあるんだから、やることやってりゃ、それでいいべよ」

一同 「んだね。」

オペル「明日もみんなに喜んでもらえるよう、今日も早く寝て体の艶を保ちましょう」

512TR「おやすみなさい」

一同「おやすみ~」

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です