サンクとイルカとAX

今日は天気も良く格好の磨き日和でしたので、サンクと

sannkubakara

彼を

murutexipura?

ささっと綺麗にしてあげました。 2枚目は写真を撮り忘れたのでイメージです。 早くやったつもりですが、終わるともう18時半。 結構時間が経つのが早いです。 いつもは一日一台ペースなのですが、今日は悲しいノーゲスト!でしたので、手を止めるわけにもいかず久しぶりに長い時間バフとたわむれていました。

そういえば、飲食店でアルバイトをしていた時はホールの人が『ノーゲスです!』 と言ったらあと片付けをしていったっけ。懐かしい。最初はノーゲスって意味わかりませんでしたが、店によって略語みたいなものがありますよね。 ラーメン屋では『スープがあたる』とか『頭付け』などありました。なんでちょっと変わった言い方になるのかちょっと不思議ですが、慣れると違和感なく自分も使っていたな。 唯一、恥ずかしくて使う気になれなかった言葉が、『タンプレ』。 これは店じゃなく、私より5つくらい下の男が話していたのですがわかります? 
『明日、友達のタンプレ買ってくんですよー』 と言いながら若いやつらで話している。 タンプレ??何じゃ?
聞いてみると、誕生日プレゼントっすよー と返答。 誕生日プレゼントをいちいち略すなよ!と思ったと同時に、男が友達にプレゼントって何か変だろ! と思った数年前の出来事でした。

作業が終わりショールームに戻ってくると本が開いているぞ・・・社長が午前中に買ってきた今月号のカーマガジンかな。 ちらっと見るとシトロエンAXの特集記事でした。 おおっ!昨日乗って楽しかったと感じたAXの特集が組まれている。 同じ事を思う人がいるんだとちょっと嬉しい。

sitoroennaxkiji

GTIですので後期ものです。 GTIはマルチポイントインジェクションになって、AXの中で一番パワーはあるらしいです。 このクルマを乗りたい人ってパワーは関係ないと思いますが、乗り比べるとどっちが楽しいのかな。 キャブ車に免疫がない私は、チョークがあるだけで楽しそうなんて思う今日この頃。 煩わしいものを手なずける喜びみたいな感じ?でしょうか。。
このくらいの排気量じゃ何回か失敗してもプラグ清掃なんてことになりませんが、デイトナやBBなどの12気筒だとそりゃもう大変みたいです。 常に『一点ビハインド 9回裏、満塁・2ストライク3ボール』 状態であり、一発空振りすればゲームセット。 そのかわりサヨナラヒットを打ったものなら、すさまじい歓声が待ちかまえている。 私はデイトナやBBの音は聞いたことないんですけどね(笑) 
社長がよくデイトナの音は最高だったと言っているので、私も聞いてみたいものです。 

スポンサーリンク