ヌヴォラパールホワイト

膝の負担を考慮して、久しぶりに泳いできました。 もう久しぶりすぎてゴーグルを装着した瞬間に気分が上がったものですが、2日連続で泳いだだけでもう体がバッキバキ。 21時に帰宅すると妻から

「何その恰好?」

と、いつもの汗臭いつなぎ姿から、ハーフパンツ+Tシャツ姿に違和感を感じたようです。 それから夕食をとり、ブログを書こうとするも体力がもたずノックアウト。 これからは少し余力を残して帰ってこようと思います。

普段やらないスポーツをやると、次の日の筋肉痛が恐ろしくもあり楽しみでもある。 昔、スノーボードをやった次の日、腹筋を含め全身筋肉痛に襲われる。 翌年、ランニングでそれなりに運動をしていた体でスノーボードをしたら、ほぼ筋肉痛はなし。

スノボとランニングは多少関連した動きになっているのか・・・と思ったものですが、さすがに水泳は上半身に負荷がかかる。 ハーフマラソンくらいでは筋肉痛にならない体でも、水泳だとケチョンケチョンでございました。

初日は久しぶりの水泳を楽しみながら1時間ほど泳ぐ。 2日目のは泳ぐのに慣れているだろう方たちのいるレーンに紛れ込む。

「迷惑かけないように頑張るべ!」

と意気込みながら、淡々と泳ぐ。 ペースは速くないのだが、さすがに慣れている方たちは休憩をしないでずっと泳ぐではないか。 25mプールなので、ターンで稼げば実質20m。 そこがまだ救いでしたが、さすがに30分淡々と泳いでいたら疲れました。

全体の休憩時間になり、私の隣レーンにいた一番早かった人に話を伺うと、いつも30分で1500mは泳いでいるみたいだ。 1分で1往復か・・・全く出来る気がしません。 ランニングの時もそうですが、継続は力なりとはいったもので、日ごろトレーニングをやっている方には全く歯が立たない。 よい勉強をさせていただきました。

これでロードバイクを手に入れたら、トライアスロンいけちゃいますよ! と思って調べてみると、↑オリンピック・ディスタンスならいけそうです。 アイアンマン・ディスタンスなんて最初からアウトっす。 せっかくなので、体の動くうちにトライアスロンに一回くらいは出てみようと思うようになりました。

先日、下妻市へと嫁ぎました147GTAのオーナーさんが遊びに来てくださいました。

この動力性能を含め

「誰も乗ってなさそうなところもプラスポイントだね!」

と言っていただいたGTA。 納車して数カ月が経過した今でも、同じ車とすれ違ったことはないそうでよかったよかった。

と思っていたら、

おやおや、・・・ちょうどYさんから下取りさせていただいたGTAが同じヌヴォラパール。イベントでもなかなかパールのGTAは見ないと聞きましたので、コレが最初で最後の出会いなのかもしれません。

Y様に問題です。 この角度からY様の元愛車を当てて下さい。

お互いメッシュグリルやヘッドライトのクリア感も同程度。 いい感じです。

こちらは奥側のヘッドライト。 特に何もヒントは隠されておりませんが、キレイだったので載せてみました。

最初の一枚の情報だけあれば、すぐにわかったのではないでしょうか。

ファイナルアンサー?

正解はコチラ。

手前が正解! 元オーナー様には簡単な問題。 というか、Y様と遊びに来てくださったIさんのお二人しかわからない問題。 ブログは誰かを想像して、その人の為に書け! とどこかの本で読みまして、今回実践させていただきました。 これで、YさんとIさんが微笑んでくれていると勝手に想像するだけで、ペンがスラスラとすすむものでございます。

一応、何が違うのかというと、ナンバープレートのステーが付いているのがYさんの元愛車。バンパー下部に手作りパンバーガードが見えるのがI様の愛車。

新オーナー様の手に渡ると、細かな変化が施されている。 これに気付くか、気付かないか・・・ここが営業マンとしての腕の見せ所でございますが、私はだいたい気付きませんで申し訳ございません。

そんな本日のご用件は、息子さん用の車にとアルファのミトを見に来てくれました。

結果から言いますと今回ミトはパスになりましたが、そのようなお話を持ってきていただけることに感謝。 さすがに、財務大臣へのアプローチに

「アルファロメオのマニュアルシフトの車なんてどうだい?」

と話を持っていくと

「アンタの趣味を優先し過ぎちゃうん?」

これを言われてしまう前提で、作戦を考えなければなりません。 実際はそうではないのですが、俺の好きな車を是非、息子にも! の流れから

「初心者にアルファロメオ」

と財務大臣に伝えると

「真冬のかき氷」

みたいなもので、今それじゃないとダメなの?と、大体顔をしかめ、予算が下りないことは把握済みさ。 そこからが、日々汗を流して働いている漢たちの逆転劇の始まりだ。 負からの逆転勝ちにドラマは生まれるもので、コチラ側もすんなり通る案件だと思ってはいない。 今こそ、仕事で培った数々の引き出しの多さと、懐の深さで財務大臣から

「仕方ないわね・・・」

の一言を勝ち取って欲しい・・・が、完全に負け戦の場合は戦況がより悪くなる前に撤退だ。

お隣の駐在さんから「エスティマ」のオーダーをいただきました! ただ今、全力で探しております。 もうしばらくお待ちくださいませ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です