アバルト納車!

7月7日の20時~。

カレンダーにチェックを入れておきまして、忘れずに申し込もうと張り切っていたあの頃が懐かしい。 

フラットなコースに気候が穏やかで走りやすい11月。 とのことで、関東屈指の高速コースと呼ばれている「つくばマラソン」。 ここで俺の自己記録を大幅に更新だぜ! そう思い、サイトを見てみると当日の20時は混み合うらしいので、次の日の朝9時、忘れずに申し込もうとしたら「締切」の文字が。

 

「いやいや、まだ朝の9時だし嘘でしょ・・・」

 

そう信じ、他のサイトで調べてみると一般受付は30分、早い年は23分で締め切りになるようで、最近は毎年申し込みクリック合戦が起こるそうです。 早い、早すぎるよ。 人気なのですね。つくばマラソン。 先日、地元から茨城まで来てくれた友人と山を走った際

「俺、今年はつくばマラソンで記録狙うわ!」

と息巻いていた自分が恥ずかしい。 

 

と、いうわけで今年は記録を狙えませんので、また来年の霞ヶ浦マラソンに出ようと思います。 どなたか出るかたいらっしゃいましたら、会場でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

こちらは先週の日曜日に納めさせていただいたアルファロメオ・ミト クアドリフォリオヴェルデ。

先日、DS3を買ってくれた柴森さんが

「DS3とミトどちらにしようか・・・」

と悩まれておりましたが、結果DS3が決まりまして、その数週間後にミトがご成約となりました。 普段の行いが良いおかげでツキが来ているのでしょうか? 流れが来ていないときはかぶってしまいますからね。 

  

「タッチの差で買われてしまったお客様の後悔」と「数十台の在庫があるのに一台の車に商談が集中する悲しさ」。 どちらも悲しさはありますが、店側としたら一台は売れているわけですから、タッチの差で買われてしまったお客様の悲しさに軍配です。 

 

そんなわけで、トキメキを感じたあの子へのアタックはお早目に。 アタックしなかったときの後悔はよく聞きますが、アタックして後悔をしている人はそれほどいない。 青春時代もそうですね。あの時、一度くらいは言っておけばよかった・・・後悔している方は多いハズ。 

この前、実家に帰省したとき、行き帰りの車内で魔女の宅急便のDVDがエンドレスで流れておりましたが、やはり攻める男がモテるのか。 最初は主人公のキキちゃんに嫌われていたトンボも最終的には好意的に受け止められる・・・

みたいなジブリ映画は嫌われてからの大逆転シリーズ、僕は好きです。 中古車も待ってはくれません。決断はお早目に。

 

  

こちらのミトはルーテシア

を決めてくれた久保田さんの納車日に一緒に来てくれた浅野さんが

「アルファもいいな。乗ったら欲しくなっちゃうな・・・」

と悩まれた末に買ってくれた一台です。

当時はフォルクスワーゲンの新車も候補に入っていたそうですが、 お二人は部署が一緒という事で、久保田さんが

「ミトいいよ、早くしないと売れちゃうよ・・・」

と常に囁いてくれていたようで、本当に感謝申し上げます。フォルクスワーゲンの営業VSうち、という構図でしたが、圧倒的な援護射撃により当社の圧勝となりました。 後々お話を聞くと、向こうの営業はやる気がなかった・・・と失望されていたようで、私も気を付けなくてはいけない、そう思う今回の出来事でした。 

   

  

 

さて本日はコチラ。

アウトビアンキの納車です。 

オイル漏れ修理を中心に多くの時間をかけてやっていただき、おかげで安心して納めることが出来ます・・・と、いってももう古い車ですから、全て完璧!とまではいきませんので、車に合わせた丁寧な操作と定期的なメンテナンスは必須となります。 

そういったことを理解してくれて、納車を楽しみにしてくれていた佐々木さんに感謝です。

私のファン会員№001の佐々木さんですからね。こういった車も楽しんでくれることに間違いないと私も楽しみにしております。 埼玉県で最終型の白のアウトビアンキを見かけたら是非、声をかけてみて下さい。

今となったら走っている姿を見ているだけで

「おお~」

となるくらい台数がなくなりましたA112アバルト。 走らすことで埼玉県のエンスーたちの心を揺さぶり

「楽しそうだな・・・俺も趣味車を持てるようになったし、そろそろ何か考えるか・・・」

と、間接的に当社に新規のお客様が増える。 佐々木さんも楽しんでもらって当社もウハウハ・・・そうなってもらうためにもアバルトさん、調子よく頑張るんだぞ。 本日はそう念を込めながらの納車となりそうです。 さて、これから佐々木さんのお迎えに行ってきます。 

 

本日も多くのお客様のお越しをお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加