久々の電話

こちらはアルファロメオ156JTS。

昔、母校で教育実習を1ヶ月間させていただいたとき、最終日まで無事に終わり、打ち上げの席で、怒るとめちゃ恐ろしいバレーボール部の顧問の先生から

「青松だったら何してても怒る気にならないわ」

と言っていただいたことを覚えておりますが、その先生といるとなんだか自然体でいられる僕。 自分と流れている空気が似ているのか、先生が心地よい雰囲気を醸し出しているからなのか・・・よくわかりませんが、なんだかこの人と話していると、無言でも苦にならないな。という人っていますよね。

いつもエンスーたちと一緒に話すという緊張感の中、156JTSのMさんといるとなんだか自然体でいられるのでございます。 いつもいらっしゃる常連さんとはまた違った雰囲気。

このJTSを4年前に納車した後、定期的に(半年に一回くらい)連絡があり、イグニッションコイルorオーツーセンサーの交換の依頼を受けておりましたが、ここ1年ほど連絡がなく

「もう乗り換えてしまったのかな」

とふと思うことがありましたが、アウディS4の納車時の多摩陸運局で

「車検が来たのでよろしく!」

と久しぶりの電話に喜ぶ。  冷静になって考えれば、電話が鳴らない方がなにもない知らせでですから、いいのですけれどね。

まだ乗っててくれたのか!となんだか嬉しい気持ちになりました。 そして、預かった車両を見ると、一年前に差し上げた艶消しブラックのシートをルーフに上手く貼っていたり、タイヤも新品、前後エンブレム、ペダルも塗装・・・と多少の外装のヤレはありながら、大事にしてくれているなぁとまた嬉しくなる。

その後、C43のTさんもご来店され、共にW202に乗った事があるとの共通な話題も生まれ、皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。

前期顔・MT・JTSの組み合わせは、4年前に納めさせていただいたこの156が初めて。それ以前まで「JTSは不人気」という記事を見たことがあり、食わず嫌いなイメージが強かったのですが、乗ってみると私はTSよりJTSの方が好みでした。

つくづく車は乗ってみないとわからない。 100記事詳しいインプレッションを見るより、一度乗ってみるに限ります。

そんなJTSオーナーさんが

「いつかはポルシェに行ってみたいよね!ケイマンもカッコイイわ~」

と言ってくれたからには、ケイマンの試乗にレッツゴー! ということで、栃木県からわざわざ来ていただいた甲斐がございました。

「アレもコレもソッチも乗せて!」

と言われてしまうとお断りさせていただいておりますが、いつもそのようなことを言わないお客様に

「いつかは乗ってみたいよね・・・」

と心の中の叫びを聞いてしまうと、体験していただきたくなる。 結果、喜んでもらえるとなお嬉しい。

その後、C43のTさんからワコーズのパワーエアコンのご依頼があり、早速注入開始。

使用する前からしっかり効きがよさそうな配管の冷え具合でしたが、これでさらに冷えてくれることを期待するッス。 ワコーズのさわやか営業マンは

「低排気量のほうが体感できると思います~!」

と笑顔で説明してくれていたのですが、こちらはV8のAMG。 エアコン付けてパワーが下がると体感出来る660ccノンターボとは違いますので、こちらでも体感できるのか? 後でレポートをよろしくお願い致します。

最近、190の2.5-16のマニュアルシフトの個体がオークションに出ており、ちょっと興味が湧き、近くまで行って覗いてきたのですが、最近高くなってきて仕入れるのには躊躇するッス。

そうすると次はW202に人気が飛び火していくのかも・・・。 バリッとした個体を見ると素敵な雰囲気を醸し出しているC43。 当時の味を好むのか、最新の高性能を選ぶのか。 もし、メルセデスベンツ会長から

「手放すことは許されない。 その制約の中でアナタの好きなCクラスをプレゼントしたるよ」

と言われたら、私は何を選ぶのか・・・。

W203の「C32AMG?」「C55AMG?」

W202の「C36?」「C43?」

W204の「C63?」

最新のW205?

W201??  「エボ1?」 「エボ2?」

そんなとき、貧乏性なワタクシはエボ2を選んでしまいそうだ・・・。 ただ、ド派手すぎるとまいっちゃうので、エボ1なのかな・・・

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です