フォード撤退

最近、車業界の暗い話題としてフォードの撤退が取りざたされましたが、茨城県西ですと、お隣の守谷市にフォードディーラーがあります。

近くにはありましたが、なかなか行く機会のなかったフォードさん。 SUVでもいつも入れるのは、ほとんどトゥアレグで、一回だけディスカバリーを納めさせていただいたことがありますが、エクスプローラーはなかったなぁ。 そんなことで、フォードを扱うこともなく、新型の「マスタング」を雑誌で見ながら、

「4気筒のしゃらくせぇモデル出しやがって! アメリカンといったら、無茶してV8買わなきゃアカンだろ!」

と文句ばっかりたれて、「買わない住人特有の愚痴」を言っておりました。。ごめんなさい、僕みたいな人がたくさんいるから撤退なんだよね・・・

と今度守谷のディーラーの前を通ったら、深い一礼をしてお詫びしたいと思います。

ヨーロッパフォードのクルマにはさほど興味はありませんが、一時期のマツダのOEM車をたくさんやっていたことがフォードの価値を下げたことは間違いなさそうです。 中身がマツダだと知って、フォードに買いに来るお客さんはいないでしょ。

たくさん車種を並べれば売れると踏んだ考えが、上手く行かない方へ流れしまったんですかね・・・とも思いますが、バブル崩壊後に高級車路線でずっとひた走るには、ちょっと辛かったのか。。 トヨタがレクサスブランドで大成功してるように完全にショールームを分けて、別ブランドイメージで廉価車を売っていたら、フォードのイメージも保たれていたのか?

いろいろ詮索出来ますが、今でも年間5、6000千台くらいは売っていますので、ひどい数字でもないように思えますけどね。

2015年の上半期は

一位がメルセデス・ベンツ。30800台
二位がフォルクスワーゲン。26100台




12位 プジョー 2830台
13位 フォード 2430台
14位 ルノー  2290台

この下にはアルファロメオ、シトロエンなども控えてますんで、これを機に撤退するメーカーが増えないことを祈ります。 今はドイツ勢が強過ぎるッス。今の日本の販売網を考えると、もうこのドイツ一強が崩れることはなさそうですね。

今の茨城県にあるフォードは、大変お世話になっているスーパーマーケット「カスミ」が営業しておりましたが、今は中古車販売店の「ナオイオート」が持っていますので、今後なくなった時は従業員はどうするんだろ。。

新車のフォードから、中古車のナオイオートへ就職先が変わるのでしょうか。。中古車といってもナオイオートさんは軽自動車が主ですからね。もとの「カスミ」だったら食品を販売することになったのか・・・  厳しい世の中でございます。

スポンサーリンク