久しぶりの宮城運輸支局

本日の私の仕事は納車でございました。 納めさせていただいたのはアウディTT。 白&ベージュレザーシートの組み合わせ。 なかなか素敵です。

img_1794

V6を積んでいるため、高速走行も余裕があり非常に運転が楽な一台。 ただ、こちらの車両は自社への名義変更をしておりませんので、万が一、オービスで捕まったりすると後が大変。 エンジンにゆとりがある分、心にも時間にもゆとりを持って6時前に出発しました。

img_1836

のんびり走ること4時間半、久しぶりにやってきました。

img_1843

宮城運輸支局。

img_1847

それにしても相変わらず混んでおります。 宮城県に一つしかない陸運局が原因なのか、月末だからなのか・・・まあ、どちらでもあるおかけで賑わっているのでしょう。 昔、栃木のウェスタン村に行き、ショーを見るも、あまりの人の少なさに若干こっちが気恥ずかしくなったことを思い出しますが、テーマパークは賑わっているほうが、陸運局は閑散としているほうが喜ばしいです。

書類を提出し、待ち時間にプラプラしていると、陸運局の隣にカーショップを発見。 店頭に「日本一安い」と大々的に張り出しているため、メカニックのような方たちが、狭い店内にちらほらと。

img_1845

私がよく使うものは、せいぜいコンパウンドやポリッシャーのバフ程度。 値段をみると結構安く、

「んじゃ~、ちょっと買ってくか!」

と思い手に取るも、本日の帰りは車になるか、新幹線になるか、まだ決まっておりません。 もし、新幹線の場合はお土産がコンパウンドになってしまうぜ・・・と女性陣からの反発をくらいかねないので、今回はパスしておきました。

何も買っていないのにかかわらず、

「せっかくなので、チラシをどうぞ!」

img_1846

と爽やか青年店員さんが笑顔で対応。 気持ちの良い対応をされると嬉しくなるものです。もし、お近くへ行った際は、是非どうぞ! 個人的意見ですが、飲食店でも小売り店でも、自分中心で物事を考える人は経験を積んでも根本は変わらない。 そこにサービス業の難しさがあるのでしょうか。。

その後、お客様のご自宅に向かい、無事に納車が完了。 今回はネット画像から即決して下さいまして、実車を見ていなかった分、こちらも緊張しました。 喜んでいただいて、肩の荷が降りる瞬間がたまらんですね。

その後、下取り車の査定をし、折り合いが付きましたので、今回は下取り車で帰ることとなりました。 下取り車は13万5千キロを走破している、318iツーリング・Mスポーツ! こちらの車両は走行距離や内外装、機関の状態・・・もろもろ考えると、ちょっと商品者には向かないかな。

ただ、久しぶりに走らせるE46はなかなか爽快でした。 やっぱり私は90より46の方が好きです。 最新型のFや、30、36も乗ったことがないので、乗ってみたら目から鱗が落ちるかもしれませんね。

「俺は外車乗っているぜ!」

と思われたくない方は、何の変哲もないE46のセダンに乗って楽しむ・・・そんな車趣味もいいかもしれません。 まだ(MTでなければ)程度の良い個体も残っておりますし、部品の欠品もまだ聞かないので維持はしやすいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です