ヴァ、ヴェの発音

アヴェンタドール。

ガヤルド、ムルシエラゴをよく見ていただけに、その衝撃は大きなものでございました。そしてこのアヴェンタドールは、日本人の嫌いな「ヴ」の発音が入っております。

「アヴェンタドール」

「クワトロヴァルボーレ」

「ヴ」の次に「ァ」がくるのか、「ェ」がくるのかで発音の違いを感じるしかないワタクシ。英語で表記されると全く読み方がわかりません。

この「ヴ」の表記が一般的になったのはいつからなんでしょう。 そもそも「う」に濁点なんぞ、日本人に受け付けられないでしょ!・・・と思いましたが、振り返ってみると、Jリーグが発足され、三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏、ビスマルク、北澤豪、等の黄金世代の「ヴェルディ川崎」で完全に「ヴェ」の虜になっていたような気がします。。

「ヴェ」だと「ベ」

「ヴァ」だと「バ」

日本人には難しい。 「ヴェ」をうまく表現するには

「ヴェー」・・・気持ち悪くなって吐くとき。と伝えた方がしっくりくるのではないだろうか。

さて、昨日少し紹介しました

「ルノー・アヴァンタイム」

IMG_1442

総生産台数は約8500台。 当時は人気が無かった分、台数も少ないです。 現時点で国内に何台生息しているかは不明ですが、総生産台数がBMW・Z1とほぼ同じと考えるとレアですね。

IMG_1443

Bピラーはありませんので、窓を全開にすると非常に開放的になれます。 ただ、後部座席は一段上から見下ろしたような着座位置のため、色々と丸見えになります。お気を付け下さい。

IMG_1449

この時期のデザイン部門トップはパトリック・ルケマン。メガーヌ2とケツが似ているのは必然か。 このウエストラインをもっと絞るとWill viになってしまうのでしょう。

トヨタもWill viを出したり、セラがあったり、オーリスにV6・3500ccぶっ込んだりと結構チャレンジしておりましたが、最近は派手思考のデザイン一本ですね。 ギンギラギンはさりげなく、してほしいものでございます。

本日は、アルファロメオ156GTAをご購入してくれたお客様が、お友達を連れて来てくれました!

IMG_0963

「最初は気になる点がありましたけど、今はすごく快調です!」

とアルファロメオ生活を満喫していて、こちらも嬉しくなります。 そんな話をしていたら、お友達がインプレッサWRX STIをお探しとのことで、オーダーをいただくことになりました!

あとはいい個体が出てくるか。 こればかりは運命的な出会いを待つしかありませんので、セリが開始されるお盆明けから、本格的に探していきたいと思っております。

スバルサンバー

希望カラーは黒かブルー。 やっぱりスバルといったら、WRブルーを探してみたいところだが、人気もあります。

たいがい、白が一番人気で次に黒。 あとは大差ないことが多いですが、さすがにスバルはブルーが強い。 私の苗字も『青』が入っていますので、次回は青い車にしてみようかな・・・

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です