幸せなGTA

去年の秋ごろに「アルファ・147GTA」を買って下さった好青年のお客様が最近よく遊びに来てくれます。

話を伺い思う事は

「多少の問題よりも、所有する喜びの方が勝っている!」

ということ。 若くても非常に詳しい方なので、何が起こっても危惧しておりませんが、すごく楽しそうなんですよね。 オフ会に参加した時の話を聞いても、GTAの事を話しているときも凄く楽しそう。

話を聞いていると

「この人に売って本当によかったな・・・」

としみじみ思います。 やっぱりクルマは乗って楽しんでもらいたいですからね。 小さいことにこだわり過ぎるがあまり楽しめない・・・と思う事も個人の感覚なのでしかたありませんが、ある程度のラフな考え方を持つことは10年前のイタリア車には必須なように感じます。

このような特殊な車を全部自分でやろうとしても無理ですよね。 満足するカーライフを送っている人は、近くに良い店・メカニックがいて、ダメなときはしっかりとお願いする。 「安く、安く・・・」と考えていては、手間と時間だけが過ぎて、そのうち断念することになるでしょう。

「自分でやることが生きがい!苦にならへんよ!」

と思う方はもちろん良いのですが、安く上げるために苦痛を感じながらもやるのならば、その時間副業して、腕のいいプロにやってもらったほうが効率的では?

なんでも餅は餅屋。ヤンキーは茨城県。みたいなものです。 得意としていないところに頼んでも良いものは出来上がりません。 その点、当社は恵まれた環境にいるのかな。腕のいいメカニックさんも近くにいるし、お客さんにも恵まれていますからね。

たまに何でも自分でやろうとして、出来ずに「車の文句を言う」負のスパイラルに陥る人がいます。 そうゆう方を見ていると、可哀想だし、クルマも可哀想。 今は、ネット社会で調べようと思えばなんとかなりますが、特殊な車の核の部分はいちいちネットに載せないよね。

飯のタネ、秘伝のスープの作り方、どれも同じで、教えてもいい情報をネットに流すわけですから。

「たいして整備してあげてないのに、車の悪評を言う」

そうした人も増えてきてるように思います。 なんでもかんでもお金をかけろ・・・というわけではありませんが、何もしないのにクルマの文句を言っちゃダメよ。 愛情をかけてメンテナンスをしている方に限って、クルマの文句を言わなくなる。 結構比例しますよね。

去年の秋に売ったGTAは最高のお客様に嫁ぎました。よかったっす。

今、在庫車がちゃくちゃくと増えていまして、この個体たちもどこへ行くか非常に楽しみであります。

店頭在庫

本日、ニューカマーたちがグーネットにアップされましたので、チェックしてみて下さい。

室内保管上

ロードスターが2台体制となりました。

ロードスター

お求めやすい価格とはいきませんが、当時の憧れの一台を体感するのには十分な個体なのかと。

IMG_0020

是非、御検討下さいませ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です