2台のルーテシア

ゴールデンウイーク・毎年恒例のバーベキュー。

今年は残念ながら中止とさせていただきました。 福島の金澤さんにも開催の時はぜひ! とお声かけしていたので残念です。金澤さん、来年は開催できると思いますので、来年こそは是非お越しください!

   

 

当社の週末係長・中島さんも非常に楽しみにしておりましたので、お伝えするのが非常にツライ・・・でも伝えなくちゃ・・・。 このほかのイベントも延期・・・ということでお伝えすると

「わかりました・・・」

燃え尽きたジョーになってしまうかと思いきや、非常にクール。 

 

「えっ!? もしかしてそんなに楽しみにしていなかった・・・」

と思いきや、コチラをご覧ください。 ジョンシリウスメタリック納車時

   

あの時同様、非常にクール。 4か月半待ちわび、心待ちにしているメガーヌの極上車を前にしても非常にクール。 その時に判明しましたが、クールに見える時は非常にショックを受けているのであります。嬉しいときも悲しいときも。そんなに楽しみにしてくれていたのか・・・嬉しいですが、今回は悲しいッス。

 

毎年参加人数も増え楽しみにしてくれている方が多いので悲しいですが、今回は仕方ありません。 また開催できる日が来たら、皆様の参加をお待ちしております。 

 

 

コチラは前回納めさせていただいたルーテシア。

 

そしてコチラは1年8か月前に納めさせていただいた菊地さんのルーテシア。

その時の様子はコチラ

  

そしてコチラは4か月前に納車させていただいた篠田さん号。

その時の様子はコチラ

  

1か月前に同色のルーテシアを金澤さんに納めさせていただいたジョンシリウスメタリックがまた2台。

 

たまたまカングーの件でお越しくださいました菊地さんと、パンダの件でお越しくださいました篠田さん。  

 

2台を見比べるとアフターパーツがちょいちょい違う。

 

篠田さん「うちのは結構固くて・・・」

篠田BOSS「そう? それが最高じゃん!」

菊地さん「俺のは結構乗り心地いいですよ」

 

同じ車種を愛する者同士、会話も盛り上がる。 で・・・盛り上がりすぎた結果。

 

 

 

 

 

 

 

旅に出る。 

 

お互いの腕と人柄を信頼しているからこそのカギの交換。そして違いの確認。

(当社が勧めているわけではございません。お客様同士の信頼関係での範囲内でお願いします。) 

 

「菊地さんが乗る篠田号」を追う「BOSSの乗る菊地号」。 

 

私と篠田さんは留守番です。 ここに金澤さん、大西さん、久保田さんもいたらそのままツーリングに行ってしまうのではないか・・・くらいの盛り上がりがみられそうでした。 

 

ちなみに私たちは

「クラウンプライズを取得したゴロウの駐在さんのスキー技術はいかほどなのか?」

の話で盛り上がっており、待ち時間も苦ではなかったッス。 今度、スキーに行ける日が来たら是非!一緒に行きましょう! と篠田さんからラブコールがかかっております。駐在さん、よろしくお願いいたします。 

 

 

試乗から帰ってきたらBOSSの開口一番。

「マフラーが超盛り上がるね!」

と足回りの確認のハズが排気音の気持ちよさを語るBOSS。 さすがBOSS。車は理論派と感覚派がございます。 長嶋茂雄か野村克也か。みたいな感じですね。当社で分類すると長嶋派がBOSS、中島係長、駐在さん。 野村派が篠田さん、森山さん、中島さん、渋谷さん。 といったところでしょうか。

どちらの派閥でも入閣可能です。ただし感覚派の話の盛り上がり方は

「あそこでグッと曲がって、ガーと止まって、ズバッと加速!」

くらいで楽しんでおりますからイジメないでください。お願いします。

  

 

なかなかこのご時世、私たちの商売も含め厳しい状況ではございますが、篠田さんの笑顔も見れてよかったッス。 楽しいゴールデンウイークのはずが我慢のゴールデンウイークとなってしまいましたが、ここを乗り切って気持ちよくツーリングやバーベキューをやりたいですね。 

スポンサーリンク