毎年恒例、柿豊作。 

秋になると、お店の脇にある大木から爆弾が落ちてきます。 夏に落ちてくるものですと、まだ実が固いので簡単に掃除することが出来ますが、実が熟すにつれて大変です。 もし御来店される際は表の展示場か、裏の駐車場をお使い下さい。

fiora-nonokakinoki

ショールームを出て、左を見ると柿の木があります。 逆光で見にくいですね。。 

fiora-nonokakinoki

毎年のことながら実がたくさん。 木の周りはコンクリートがうってありますし、多くの栄養はいってないハズなのですが、毎年これでもか!という量の実をつけます。 去年も同じようなことを書いたと思いますが、この木は干し柿に適した渋柿です。 干し柿を作ってみたい方は来てくれれば差し上げます。  

表展示場の奥には結構甘い柿が実っています。

fiora-noomote 

ここからだと見えませんね。 イプシロンのもう少し奥です。

kakinoki

昨日の夕方に一つもぎって、おばあちゃんから包丁を借りて、皮を剥いて丸かじりしてました。 この時期はビタミンCとAに困ることはなさそう。 それにしても、仕事の合間に柿をもぎって食べれるクルマ屋はなかなかないと思います。 こちらの柿もよろしければどうぞ!  
学生時代に高尾山のビアガーデンでアルバイトをしていた時に、自然の中で働けるっていいな~! と思っていましたが、それに少し通ずるものがありますね。

先日、友達から相談で、
「全くクルマの知識がありません。もうすぐ子どもが生まれる予定で、クルマが欲しいと思っているのですが何がいいかな?」
とのメールがきました。クルマに趣味性を持たないのであって、これから赤ちゃんを乗り降りさせることを考えると、やはりスライドドア付きの国産車でしょうか。スライドドアですと両脇のスペースに関係なく、大きく開けることが出来ますから、お子様連れには非常に重宝しますからね。 さすがにここはアルファロメオでしょ! とは言えません(苦笑) 
奥さんも乗るという事で、少しコンパクトなフリードや今話題のシエンタ!・・・の前型。 などが候補に挙がりました。 大きすぎず、小さすぎず、チョウドイイ! のCMで人気な通り、このサイズの両側スライドドアは人気ですね。 輸入車でいうと、バネオがちょうど同じサイズくらいですが、これは勧めずらい。。 

友達も輸入車を扱っていると知ってはいる中、わざわざ相談・検討してくれるのは非常にありがたいっす。国産車でもやることはかわらないので、満足してくれる一台を探しだして、是非2,30万キロまで乗ってほしいものですね!  

明日は、社長がプジョー405を納車に行くので、帰ってくるのは3時過ぎくらいでしょうか。 もちろん、私は店におりますので、お気軽に御来店下さいませ。  

スポンサーリンク