走ってきました筑波山。

先週行ってきました筑波山。

今回で2回目・・・とはいうものの、前回は逆走してしまいましたので、今回が初めてのトライです。 ただ、

「前回不動峠は登れたし、頂上(つつじヶ丘)までも楽勝だぜ!」

と気軽に午後から出発です。

コンビニでウイダーインゼリーとお茶を購入し、行きの車の中でウイダーインゼリーを飲み干す。

「500ミリのお茶を持って上がるのも重いし、カラになったこれにお茶を入れて行くべ!」

冬ですし、あまり水分も必要でないと考え、とりあえずの気持ちでウイダーインゼリーの半分ちょい上くらいにお茶を入れスタート。

不動峠を21分32秒で登りきる。 前回は23分でしたから、上々の立ち上がりです。 ここから先のT字路を右に曲がり、気持ちだけはポジティブに進むこと数十分。常陸牛で有名なレストラン・ひたち野に到着。

「ここまできたら楽勝やんけ!」

と気軽に登っていくと、そこが辛かった。 1600mもあるのですね。500mくらいでつつじヶ丘駐車場かと思ってましたよ。 思ってもいなかった長い登り坂に若干キレ気味になりながらなんとか到着。

不動峠からつつじヶ丘まで41分36秒。 トータル・1時間3分8秒。

昼までお菓子を食べつつ、ぐーたら過ごしていた青松が

「めんどくさいけど、お菓子分くらいは走るか~」

くらいのモチベーションではこのくらいのタイムが限界です。 ヘトヘトになりながら、とりあえずガマガエルに挨拶し、手持ちのウイダーインゼリーに入ったお茶を飲む。 汗もかいてトイレにも用はないし、帰りは下りで喉もそれほど乾かないだろうから、ドリンクの補充もせず、体が冷える前に帰ろう。3分ほど歩きながら休憩をし、下り始めます。

走り始めた時間が14時頃でしたので、少しずつ気温も下がってきました。厚着をしてこなかったので、結構寒い。日の当たっている側は温かいが、遮られる道は凍えます。

お前はこんなに寒くていつもプルプルしているのか?

愛犬・ハナのプルプルを思い出しながら走っていると、一つ重大な事案が発生致しました。

「水が足りない・・・」

下りがメインといっても、途中は登りと下りがミックスの表筑波スカイライン。 青のMR-2と黒のシビックタイプR(FN2)がバトルしている横でオーバーヒート気味の青松。

ガチで走っているタイプRのお兄さんはラジエターコアが潰れ、水漏れしてしまったとき用に水を持っているだろうから、ここはバトルを中断してもらって水を分けてはくれないだろうか? ただ、どうやって彼らのバトルを止めればいいのだろう。

武田鉄矢氏を見習って

「僕は死にましぇん!」

とバトル中、飛び出たら100%やられてしまう。 かといってここでヒッチハイクならぬ、ヒッチウォーターの為に真剣勝負中の彼らを遮るわけにはいかない・・・と、いうことでさっさと帰ろう。

つつじヶ丘~不動峠まで40分21秒。

下りだからもう少しペースが上がるかと思いきや、下りが結構ツライ。 スピードを出すと足を痛めそうですので、セーブしながら走ったら登りとタイムがかわらない。喉が渇くぜ。

そして、最後の不動峠の下り。 途中、ちょろちょろと流れる沢で水を補給しようと考えましたら、これで腹が痛くなったら

「アホでしょ!」

と笑われる妻の顔が思い浮かぶ。 ここは下りだし、なんとか行けるか・・・とドスドス走り切ること

22分15秒

不動峠を下りきり、なんとかゴール。トータル2時間5分46秒。 さすがに山登りはツライ。次の日は筋肉痛になりました。 今回の教訓です。

人も車も遠征時には水のチェックは忘れずに。

今年は青松メーターを設置し意識を高めていこうと思います。

さらに、コチラ

自転車といったら川上さん。 川上さんといったら自転車。 ということで、川上メーターも設置中です。 もし、

「俺の月間走行距離を知れば、お前らのやる気アップにもつながるかもしれないぜ!頑張れよ!」

と凄まじいトレーニングを積んでいる方がいらっしゃいましたらご一報ください。もう一つカレンダーが余っております。

今年初めての成約となりました「アルファロメオ156GTA」

最近、仕入れる機会に恵まれませんでしたが、良い時期に素晴らしい個体に巡り合えまして、仕入れてすぐご成約をいただくことができました。 明日、納車予定でございます。

そしてコチラはゴルフ6のGTI。

350台限定車のアディダスです。

下取り車のマーク2の車検が7月。 そこくらいまでには・・・との予定が早くなりまして、早速納めさせていただきました。 たまたま見つける事のできた限定車アディダスの低走行車。 もう一台の候補車だった黒と比較すると歴然たる差。 評価点はあまり変わらなかったのですけどね。

白・外装5点/内装A点   黒・外装4.5点/内装A点

黒の走行距離は4千キロ台と少なかったのですが、ボディの状態や内装のヤケ具合を見ると距離が少ないから、こんなもんだべ的な甘い評価点でしたね。

見ないで買ったら痛い目見たよ。 良い個体を納めることが出来て満足ッス。

そして、コチラ。

BMW 116iスポーツ(F20型)

スバルにお勤めの長田さんのご紹介でBMWのオーダーをいただいておりました。

去年から探していたのですが、価格と状態に見合うものが見つけられず、今回やっと見つけることが出来ました。 台数はあれど、

「これだ!」

と思う個体は少ない。 頼まれた以上、納得した個体でないと納めたくはない。 何もないと自信を持って仕入れ、不具合が出た場合は赤字となっても納得はできますが、ダメだと思って妥協して仕入れた個体が本当にダメだと立ち直れない。

お客さまの為にと言うとカッコいいのですが、どちらかというと自分の為に納得できない個体は納めたくはありません・・・とは言うものの、予算もありますし、その中でベストを尽くす。

どの車屋でもそうだと思いますが、中には安いからノークレーム&無検査コーナーで仕入れ、普通に低価格で出品している業者もいますからね。様々です。

そして、コチラ。

下取りでマークⅡブリットが入庫しました。 仕事用、通勤用いかがでしょうか? 下取りのサニーのマニュアルシフトもコチラにこっそり載せております。日産・サニー 

どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加