救世主

先週の日曜日。

久しぶりに成田からZ3のオーナーさんが遊びに来てくれました。 久しぶりにまじまじと見るZ3。カッコイイ。

半年に一回くらい来てくれるでしょうか。 ただいま、20代半ばのお客様は、おじいさんがマツダの敏腕セールス。その血を受け継いでいるせいか、非常に車に詳しいのです。 マツダ派の家系からか当然、マツダ車が好きですが、いつの日かBMWに心を奪われた。 車好きに国境はありません。

買ってもらってもうすぐ2年。 通勤は電車の為、乗る時間は週末のみ。 なのに、もう3万2千キロを走破。 最初の一年目は楽しくて2万キロを走ってしまったとのことです。 まだ若いオーナーさんゆえに、ツボにハマると無性に乗りたくなってしまうのでしょう。

店だと

昭和32年生まれ「最近は目的地がないと走るのが大変になっちゃったよ。 昔は、目的がなくてもただ、純粋に走っていたんだけどね。」

昭和29年生「最近、目も見え辛くなってっからな~。 飛ばせないし、夜はまぶしくて大変よ。」

昔、ブイブイ飛ばしていたんだから、今更いいじゃない・・・と心の中で思う昭和59年生。 こんなことを書いていたら、目の前の雑誌の広告に目が入る。

誕生 超感覚スカイライン

とんでもないがとんでもいい。

今でも車は色あせないが、広告を読むとちょっとセリフがくさい。

1989年。 アイ・ラブ・スカイライン。

本日少し模様替えして、雑誌が豊富になりました。 より楽しんでいただける空間になったのではないかと思います。

ただただ、車を走らす。それをするとき腰が重くなるのは、車に慣れ過ぎた故の悩みなのか。 まあ、私も目的なくテスト走行していると、車種によっては飽きますけども・・・。 ちょうどいいのは、横浜から首都高速道路に乗って渋滞なしで帰ってこれるとき。 テスト走行は高速も入れて、70~80㎞走り、片道だけ楽しむのが一番心地が良い。

バッテリーの充電がなくて、ケーブルで繋いで高速で帰ってきたときも、

「山手トンネル内渋滞かよ・・・ここでエンストしたら笑えないわ」

といい緊張感を持って運転できました。 もう、しなくはないですけどね。

最近、Z3も台数が減ってきました。 オーナーさんが加入している「オープンカークラブ」にもZ3はほとんどいなくなってしまったそうです。 Z3は96年~で、もう21年目。 同じ時期のバルケッタよりは台数はありますが、この前

「ブルー、2.2、左MT、距離1万キロ台」

と超極上であろう個体が出てきたとき、べらぼうに値がつり上がってました。 Z3もそろそろ、「昔はうんたら・・・」の世界に入ってくるのでしょうか。

ちょうど、来られた時がお昼時ということもあり、行ってきました人生ラーメン。 もう何回も登場している人生ラーメン。 もう写真はいいかな。

ラーメンを食べ終え、下取り車のヴォクシーで快適に店に帰宅。 そういえば、OさんはIT企業にお勤め。 今、社長のページが更新できない・・・これはチャンス!? ただ、プロに頼むのをいかがなものか・・・と思いましたが、聞いてみました。

「いいですよ!」

ショールーム裏のパソコンでカタカタカタ・・・。 さすがはプロ。 すぐに解決し、今では「つれづれ…ブログ」がまとめて更新されております。 ありがとうございました!

午前中にボクスターのオーナーさんから、

「早くアップ出来ることを楽しみにしております。」

と優しい笑顔で言っていただいておりましたので、すぐに解決して良かった。

私もサーバーやドメインの更新を忘れて、全部ふっ飛ばさないように気を付けよう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です