昔は昔。 割り切るべし。

「あの時、手放して損をした! 今だったら倍以上になっていたのに!」

と本気で言っているのを聞いていると、

「そりゃそうだろ・・・」

と素直に思う。 車好きで、色々な車に乗り継いでいれば、そんなことは必ずある。今では凄い価格になってしまった、インテグラーレ、E30のM3、930や964、34GTR、80スープラ・・・etc。

「今まで持っていればな~」

当時の楽しかった思いを馳せながら・・・よくその話は楽しみながらさせていただくのですが、それが本気になり、恨みつらみが爆発してくると、聞くのが辛くなってくる。

そもそも高くなるのがわかっているなら、みんな手放さない。 手放して一年後に高騰して悔やむのだったら凄く同感できるが、10年20年も前の話になってくると

「そりゃ、アナタだけでなく、多くの人がそうだよ・・・」

と思うことを許してほしい。 昔は昔、とキッパリ割り切っているからこそ、昔のことを

「あの時は、安かったな~!」

と笑いながら楽しめる。 特に商売をしていると、そんな話がワンサカしているし、一度見学させてもらった横浜のフェラーリ屋さんならば、それこそキリがないだろう。

最近は、色々な情報が入り混じっているからか、

「海外で〇〇が1200万円になった!」

という情報をどこからか仕入れ

「俺の〇〇は1200万円で売れる!」

という、情報に入れ替わる。 確かにその値段で売れたことは事実だが、車の状態は千差万別。 例えば、この間雑誌に出ていた

「BMW Z1」

以前、当社の在庫車で280万円くらいのプライスで出していたが、なかなか売ることが出来なかったZ1。 走行性能は特別なものではなかったが、あの独特な機構に驚かされたものだ。この雑誌を見ると、なななな、なんと

「999万円!!」

の値が付いたそうだ。

価格だけ見ると、

「ああ~~!! あの時売って失敗した!!!」

となるのだが、ちゃんと最後まで見てほしい。

「走行距離わずか250㎞」

2万5千キロではなく250㎞。 私でも1か月あれば走れるだろう距離。 27年で250㎞。 年間10㎞にも満たない車は逆に大丈夫なのだろうか・・・と思うが、これはコレクターアイテムとしての値段だから仕方がない。 むしろ、この状態であれば海外のオークションでなく、国内でもそれ相応の値段が入るであろう。

こんなこともあるので〇〇で売れたから、俺の車も〇〇だ!・・・は危険な考えなのではなかろうか。

それと、昔は人気がなかったが、今は人気!な車について、素直に受け入れたいと思っています。僕は。

「あんな車があの値段なんて・・・悪口盛りだくさん。」

という考え方は、アナタの考えが現代に追いついていないのではないですか? 世間では評価されているのに、アナタは評価していない。 高い車がいい車、と感じることはありませんが、世間で評価されているから価格が上がる。 ただそれだけのこと。

車も含め、趣味なんて否定されたら返す言葉がない。

「車なんて趣味は金の無駄遣いだ。 早く走れるからって、何? どこでスピード出すの?」

「スポーツなんて意味のないことに時間を費やしてどうするの? 学生の時に、そんなことに時間を費やす気持ちがわからない」

「ゲームなんて意味にないことに時間と金をかけるなんて・・・アホだ」

32年生きていて、スポーツもそれなりに打ち込んでいたし、ゲームもそれなりにやっていたし、車もたくさん扱ってきていれば、色々と否定的な意見を聞くことがあります。 まあ、それを言った人は私の友達ではないので、どうでも良いけれど。

当社には否定的な意見の方は、ほとんどいらっしゃいません。 ありがたいです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です