すみません・・・

「すみません・・・」

 

と前置きをすれば何でも許される・・・そう思っている方がたまにいらっしゃいませんか?  

 

たまにはブラック青松が顔を出すぜ。気を付けて欲しい。

  

 

 

 

「(車を見てから)このくらいの価格になりますか?」

 

だったらわかります。ある程度、話がすすむにつれて交渉をしてみる。当然のことだと思います。 その店がその余地があるのか、ないのか、話してみないとわからない。 

当社は気持ちよく買っていただいた方が結果、損をする。 とならないように価格交渉にはあまり前向きではございませんが、初めていらっしゃる御客様が店の方針をわかるわけないですからね。 こちらも失礼のないようにいつも商談させていただいております。 

 

で、割と困惑するのが、一番最初の御問い合わせ(メール)で

 

「200万円になりませんか? そしたら考えます」(総額248万円で掲載中)

「失礼を承知で言います。30万円引けませんか?」(100万円台の車)

 

という質問。 前者に至っては論外。48万円引いたら「考える」という暴論。グーネットは偽名&連絡先もなしで問い合わせできますからね。 顔が見えない相手には容赦はしない。これぞネット社会の弊害か。

多分、そういう方は希望通りに値を下げてもすぐに決まらないと思いますし、販売後もなにかと大変そう。 むしろ、この条件で受ける車屋がいたら俺はオススメしない。絶対何かあるよ。と本人も思わないのでしょうか。不思議です。

 

 

次に

「不躾な質問で申し訳ありません」

系で攻める方。非常に丁寧なつもりで、非常に不躾な質問。 1、2回のやり取りで100万円台の車に30万円以上の値引き要求って・・・車も見ずに。  さらにその言葉を頭に付けているからか

「僕は常識人ですよ」

と振る舞う。 一番最初の

「すいません・・・」

を付けて、本当に失礼な質問をする。最近、メルカリやラクマが幅を利かせてきたのでそれも影響しているのか・・・。あのサイトも見ているとあり得ない値引き要求が横行してますからね。 さらにそんな要求が通ったりするので、なくならないのでしょう。最初に付けた値段に自信を持てよ!と思いますけどね。

 

まあ、メルカリとグーネットの差と言えば、相手の顔が見えるかどうか。 メルカリは誰が出しているのかわからないが、グーネットは住所や電話番号、代表者の名前等が出ていますからね。変な物は売れません。

 

だいぶ前にあった場合ですと車も見ずに

「30万円以上引けたら、即決できる状態です!」

ってそりゃ、そうでしょうけど、無理ですよ。 そんなことして、世間にバレたら

「あそこの店、30万円くらいすぐ引くらしいぜ!」

と言われますし、いつも買ってくれる御客様から白い目を向けられますし、売れるけど赤字続きで1年後には潰れてますよ。

 

 

  

「すみません・・・」

からの本当に失礼な行為・・・私も本当にそれをしていないか、よく考えてます。  

   

「忙しい所すいません!青松です!」

 

とメカニックさんに電話をかけますが、これは許して欲しい。 用の無い電話だったら蹴飛ばしてもらって構いませんが、何か用事がある時だけ掛けますので、その「すいません!」は本音半分、挨拶半分、のような「すいません!」です。 

  

問題なのは

「すいません・・・お昼時に・・・」

がたまにだといいですが、毎回だと

「いやいや、お前、思ってねぇーだろ!」

となります。 すいません、を言う割には行動が伴わない。 そうならないよう、整備工場へ搬入する時に気を付けております。

 

他にも業者間でいうなら

「いつもすいませんね! 今すぐちゃっと見てくれよ!」

と、今すぐテスター診断だけやって欲しい・・・等のことをやりがちです。 確かに熟練メカニックならスグに見れるかもしれない。が、向こうにも予定や納品期限があるのだ。 たまにお世話になる御客様ならいいが、よく交流している業者同士が一番気を付けなくてはいけない。

  

「よく頼むからこのくらいはやってもらっていいよね」

  

知らず知らずのうちに嫌われる行動。確かにお金は払っているが、それだけのことをしてもらっている。その関係に上下はない。 マウントをとりたがる方はストレスが溜まり過ぎているのではないだろうか。そんな時は運動だ。ストレス減るぜ。世界の渡部・・・ではなく、世界の北野も言っていた。

 

北野武の「バカ論」

店員に横柄なバカ

「おいらには昔から癖のようなものがあって、それは、どんな店に飯を食いに行っても偉そうにできないこと。

 おいらが行くと、店の人もいろいろサービスしてくれて、『本日のおすすめです』とか言って、何たらかんたらのソテーなんて高級そうなやつを持ってきてくれる。それはありがたいし、たいていはうまいんだけど、中には『うん? ちょっと違うな』と思うこともある。だからといって、『こんなもの食えるか!』なんて態度は絶対に取らない。文句は一切言わない。

 あれっと思っても、『ああ、おいしいね』ってそれだけ。ワインもバカ高いやつを出されて、『値段の割には大したことない』なんて思っても、それは腹にしまって、いつも黙って飲んでいる。

 つまり、客商売をやっているところに行って、ケチつけたりするのが大嫌いなの。それはメシ屋でもソープでもどこでも同じ。他人様が商売しているところに行って、『金払っているのはこっちだろ』なんて、偉そうに文句つけたりするのは最低だね。

 ダメだったり、気に入らなければ、二度と行かなければいいだけのこと。

 芸能人だからって店で偉そうに振る舞っている奴がいるけど、やめてくれよと思う。そこで通ぶってどうするんだ。それに『芸能人は偉そうだ』なんて業界全体の評判が悪くなるようなことをわざわざする神経を疑う」

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11290650/?all=1

 

 

一所懸命やっている方が失敗するのには全く腹は立ちませんが、たまにふざけている店員はいるよね。近くのセブンイレブンでもそんな人がいましたが、いた時は自然と店に行かなくなりました。 今は、その人がいなくなったので、よく利用させてもらってます。

 

「人の振り見て我が振り直せ」

がわからなくなったら商売は難しいのだと思います。 そんな店は自然と人が去っていく。潰れる車屋はラインナップが悪いのか、人が悪いのか・・・。 当社では一番古い御客様が一番、店で謙虚。を見習って明日も頑張りたいと思います。 

スポンサーリンク