白と黒。

車の人気色・白と黒。 車には白と黒が似合うのだろうか・・・なぜ、白黒が人気なのか。そもそも車だけ、白と黒が人気だ。 家や家具、衣服といった他のものは白黒が絶対王者に君臨していない。

デザイナーは車のデザインを考えるときに、どの色を基本に考えているのだろう。 昔、父がティーダを買おうと悩んでいた時、CMでよく流れていた黄土色?を発注しようとしていたところ、兄に全力で止められていた。

車全般、コマーシャルでは白・黒以外の色を多く流しているにも関わらず、売れているのは白と黒。これは販売店が全力で押しているに違いない。 そう考えると、メーカーやディーラーが全力で白黒以外の車を販売すれば、国内の7~8割くらいは白黒以外になるのだろうか。

もし、新車購入時に

「白と黒はリセールが弱いので、他の色を選んだほうがお得ですよ・・・」

と全ディーラーで営業をしてみると、世の中の白黒人気に陰りが見えるのか。 昔は、特にこだわりはないし、シルバーでいいか! となっていたが、今はとりあえず白・黒。 そんな白と黒が人気過ぎると、そのうち白黒パンダ号が販売されるのではないか。

ちなみに白黒パンダ号を真似したら捕まります。 お気を付けて。

「じゃあ、アルソックはなんで捕まらないんだよ!」

と突っ込んだアナタ。 さすが、視野が広い。 そうなんです、アルソックも白黒パンダ号。 あれで高速道路を流していたら、さぞ気持ちいいだろう。

ただ、アルソック号を見て何か違和感を感じたアナタは、駐在さんからお褒めの言葉をいただけることでしょう。さすがです。

そう。 白と黒が逆になっております。 だからいつも違和感を感じたのか・・・心のモヤモヤが取れたぜ。そう言っていただける方がお一人いれば、今日もブログ頑張った甲斐がありました。

居酒屋ではとりあえずビールの法則が崩れたように、車社会のとりあえずシルバー人気もなくなってしまった。 巨人、大鵬、卵焼き世代が車を買わなくなったら、本当にシルバーが売れなくなるであろう。個人的にはベンツやポルシェのシルバーは好きなので、残念ではあるね。 今は、とりあえず目立ちたくないから白と黒が定番です。 あと、30年もすれば

「お前、シルバー選んだのかよ! オシャレじゃん!」

となるかもしれません。

本日は御注文をいただいたヴォクシーの仕上げをやっておりました。

仕上げといっても、年式が新しくほとんど塗装も傷んでいない。 O型の営業マンだったら、このまま納めてしまうか・・・になるのですが、残念ながら私はA型。 エリーゼを購入してくれたK様のようにはいきませんが、僕もピカピカの車が好きです。

ということで、黒は室内で綺麗に見えても外でオーロラが発生していることがほとんど。南極のオーロラは一度見てみたいものでございますが、黒ボディのオーロラを見ていると、

「なんで、人間の目は濃色だけ傷が見えやすいんだ・・・」

と人の目の構造について考えたくな・・・らない。 眼のお悩みならば、春日部へ。車好きの優しい先生がいらしゃいますよ。

今回、オーダーしてくれたK様は非常に喜んでくれておりますので、いつもより気合が入る。一生懸命やりたいと思います。

当社は専門のオーロラが見えるライトはありませんので、太陽のお力を借ります。 日光を当てながら、いろいろな角度で見てみると。 いました。 彼が。

新車でも付いているものは付いているので、仕方ないと言えば仕方がないが、これはやらないといけません。 特にリアクォーターは重点的にやろうと思います。

確認をするときは180度くるくる回って、見える角度もあるし、見えない角度もある。オーロラさんの気まぐれっぷりも困ったものです。 右クォーター以外は↓くらいの感じなので、簡単に終わりそうです。

今日は非常に穏やかな天気で、外で確認をしながらやるにはぴったりの一日でした。 夕方過ぎから雨が降ってくるという、なんだか応援された気分になります。

高年式のそれほど傷が気にならないレベルの車は、黒でも比較的楽で助かります。 10年落ちの車が新しいと感じてしまう当社には、2年半しか経っていないヴォクシーの塗装が、生まれたての赤子のように見えてくる。 高年式だけ扱っている店が羨ましいぜ!

と、いうわけで、午前中から始めて16時前に完了。一番ワサワサしていたところも、綺麗になりました。 洗車傷というよりも、オークションに持ってくる前にちょっと磨いてきたような感じでした。下手にやるならやらないほうがいいのに・・・私もそう言われないよう、知識と技術を磨いていかないとね。

完ぺきにすべてなくなるまで・・・とは言えませんが、気にならないレベルまでは出来たのではないでしょうか。

一応、角度を変えてみても、大丈夫そうです。

ピカピカになった黒はカッコイイ。 黒く焼けた松崎しげるもカッコイイ。 車と肌のお手入れはこまめに行いたいものですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です