答え合わせ⑦

本日は非常に寒い一日となりました。 お昼頃に雪も降ってきて、この気温じゃ積もってしまうか?・・・と思っていたら、15分ほどで止みました。よかったです。

こんな寒い日は室内で本を読みつつ、ゆっくりしていって下さい。 そんな思いが通じたのか、多くの常連様がいらっしゃいました。

お客様が見てちょっと喜んでくれるアイテムを上の画像の中に配置しております。イベント等にたくさん行かれている方は、そうでもないのかな。

見てもらいたいものとはコレ!

す 0944

非常に珍しい地名なしの「3」ナンバーでございます。 ついこの間、同業者さんの作業場の片付けを手伝いに行っている時に出てきたナンバーです。 珍しかったので、ちょっとお借りしてきました。

調べると1962年以前の東京管轄のナンバーは地名が付いておらず、数字のみだったようです。その時、東京は品川の陸運局だけで、62年以降に足立、練馬、多摩の陸運局が増え、「品」「足」「練」「多」と地名が付きました。

それにしても、東京に陸運局が一か所だったのに驚き。944の前に「0」が付いてることにも驚き。「0944」ナンバーを飾った初日に、944オーナーさんが944に乗ってきたことは偶然。

年季を帯びたナンバー。 なぜ、このナンバーを返却しなくて良かったのか・・・そこら辺はもう時効になると思いますので、許してください。

「イベントに出るから、このナンバー貸してよ!」という方は、一応持ち主さんに聞いてみますが、「街で目立ちたいからこれ付けて走っていいかい?」という方は、お隣のゴロウの飼い主さんに怒られてしまいますのでご遠慮ください。

先日の車クイズの答え合わせです。

ヘッドライト周りとテールでわかりましたか?

このCピラー周辺のデザインが独特。

答えはコレです!

「トヨタ・マークⅡ ブリット」

個人的にはセダンよりブリットの顔が好きです。 販売チャンネルを変えて、4灯ライトのセダンと下のセダンで競争してみたら、どっちが勝ったんでしょう。

ブリットのほうは販売台数故に、あまり見かけませんが、マークⅡは今でも結構走ってます。大人4人が乗っても窮屈でない室内なのに、運転すると大きすぎないサイズ。 2リッターでちょっと力不足なのかな・・・と思っていたけどそんなこともない。

販売開始されてからもう今年で17年目。 なのにまだまだ走っているところを見るとさすがトヨタの主力車種でございます。 壊れないし、室内も広いし、結構走る。乗り換える必要のない車とはこの車なのか・・・

2000年以降にこんな車があふれていたら、そりゃ

「10万キロになったら壊れまっせ!」

と一生懸命言わないと、車に興味ある人以外は誰も乗り換えてくれないよね。 壊れない車過ぎると商売にならず、壊れると大変。 経営者たちはいい塩梅の落としどころを日々、苦悩しているかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です