愛知県からご来店

こちらは、雑誌に載りましたMG-F。

昨日、愛知県春日井市からお客様がシトロエン・C4でご来店されました。 大寒波の影響で雪が心配でしたが、特に問題もなかったようで、約5時間で当社に到着。在庫車のMG-Fを気に入ってくださいました。

御友人と一緒に来られて、

「こんな車屋が近くにあったらヤバイですね~!」

とお目当てのMG-Fと共に、在庫車のラインナップを非常に楽しんでもらうことが出来て良かったです。

特に今は、新入庫した「エグザンティア」を筆頭に、ド迫力エンジンW12、4人乗りのオープン・250馬力のイオス、ゾエイエローのスパイダー、超レアのファクトリー2シーターGT4、GTA、R32、バルケッタ・・・等、車購入したい病には特効薬となり得る、ワクワクする車種が多く楽しめそうです。

当社にくるお客様の平均滞在時間はなかなか長めだと思うのですが、他の店だとどんな感じなのでしょう。 今度、実家に帰ったら、うちくらいの規模のお店に友達と一緒に突入してこようかな・・・でも、店側からマシンガントークされたら、ハンコ押しそうになっちゃうので、やめておきましょう。

それにしても名古屋から車で往復。 長距離運転に慣れていない私からすると、いや~凄いっす。 他であまり見ない車種のためなら、このくらいは苦ではないのか・・・茨城から北海道まで見に行ったお客さんも身近にいますし、好きな車の為に、交通費・維持費・高い自動車税・高い重量税・・・車好きは経済を活性化させますね。

名古屋といえば、妻が好きな番組「県民ショー」では水戸と並び、ブスの産地と評される大都市・・・が、陸運局へ行くと、どの都市よりも綺麗な印象・・・そんないらぬことをよく覚えております。 愛知県に納めさせていただくことは年に1.2回ほどございまして、自走で納車の際、私が行った4台の車、中でも「TT」「ゴルフ」「145」の納車は鮮明に覚えております。

「TT」はトヨタ本社で待ち合わせをし、記念だからと写真を撮ろうとするも係員のダッシュからの猛烈な制止に阻まれ、トヨタ館なる無料の施設で楽しむ。 時間になってお客様から電話がくるも、ちょっと場所が違うということで、トヨタ町付近をウロウロ。

トヨタ町1番地にある本社を横目にトヨタ町の交差点で信号待ちをしていると「こんなところでアウディ乗っていいんですか?」余計な心配をする自分。 世界のトヨタの偉大さを肌で感じたTT納車でございました。

「145」は鮮やかなゾエイエローのセリエ・スペチアーレ(多分)。

145seriesupetia-re

確かそのちょっと前にストーリアX4を岐阜県へ自走していったので、その後の納車だったため

「なんて(高速道路が)楽なんだ・・・」

と安心しながら乗っていったことを覚えております。 お客様の御自宅でお茶をいただき、自転車とワンコの話をして、楽しかった・・・息子さんが免許を取られて、145にもたまに乗ろうかな・・・なんて話をしていたような。。

そういえば、在庫車のゾエイエローは145以来のイエローです。なかなかないんですよね。

「ゴルフ」は御注文をいただいて、予算+期限の問題で、落とした当日に納車をした・・・私が覚えている中では、今までで2台ほどしかやっていないことだったので、よく覚えております。

たしか、昼の11時過ぎに

「落札したから、取りに行ってそのまま納車してくれるか?」

という感じでした。 代行で下見はしてもらっていて、状態はお墨付きをもらっていたが、感覚は個人によってズレがありますから

「現状販売を理解していただいているお客様だから、機関はもう信じるしかないよね。 ただ、内外装はスタンドでガソリンを入れるときに出来るだけやっていくか・・・」

と期待と不安が混じりながら引き取りに向かうと、そこにはピカピカのゴルフ・プラスが!! たまに評価点を神のように崇めるブローカーがおりますが、評価点の誤差を多く見ているものとしては、いつもあまり信用してないのよ・・・と思っていた5分前の自分に喝を言ってやりたい。

ありがとう、こんなに綺麗だったら何もしなくても喜ばれるよ!とウキウキで向かう私でございました。

うまくこんな感じでいってくれればいいのですけれど、ブローカーならともかく、店を構えている以上、できるだけ綺麗な車を納めたい。 基本は、このようなことはいつもやりませんので、ご了承下さいませ。

掲載したばかりのエグザンティアが商談中となりました。 これが決まったら、さらによりディープな車が下取りで入庫しそうです・・・お楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です