昔の仲間

昔のフェラーリ仲間であり、心許せる親しき友であり、泣きたいときはフランダースの犬が一番だ、とよく代表が楽しそうに話をしていたのりPさんが遊びに来られました。 たまたま銀行で鉢合わせ

「暇なら来いや!」

と強制的に連行してきたそうです。 商談でもこの強引さがあれば、今ごろ店内に置ききれないほどのスーパーカーがゴロゴロしていたことでしょう。 ただ、遊びに来る方もいないでしょうけどね。

愛車はワンオーナーのアクティ・トラック。 平成5年登録なのでマイナー後の660cc。

平成5年の2月は私は何をしていたのだろう。 25年前だと8歳。 2月24日は父の誕生日ですので、バースデーケーキを一緒に食べていたのであろうか。 そんな時から元気に走っているアクティの走行距離は5万キロ台。 25年で5万キロ。 年2000キロペース。 スーパーカー並みでございます。

未使用品のスペアタイヤも25年前のものらしいです。 私が免許を取ってからタイヤトラブルで「路上ストップ」を経験したことがない身としては未使用品のスペアタイヤを見ることに不思議はない・・・が、昭和30年代生まれのエンスーたちから話を聞くと、よくパンクしてスペアタイヤに変えていたそうだ。

数年前、店の前でパンクをしてしまったおばちゃんの車にスペアタイヤを取り付けたことがあるのだが、タイヤを見て納得。 ここまで使われたらもう悔いはないだろう、といった状況だった。 オイルもタイヤも気にしなくても、とりあえず走れてしまう最近の車は凄いが、高速域でタイヤがバーストしてしまっては他の車に迷惑がかかるかもしれない。 自動ブレーキがあってもタイヤのバースト時は意味をなさない。気を付けて欲しいものです。

のりPさんの元愛車はテスタロッサ。 512TRを見るとすぐに

「ここを見るとやっぱりテスタロッサなんだよな~」

とエンジンフード脇、両サイドのダクトを見ている。 良き思い出と共に手放してしまったことの寂しさを思い出しているのだろうか・・・

testarossaenjinhu-do

NSXに乗ってフェラーリのツーリングに行ったら心を奪われてしまい、その数日後に早速探しに出かけることに。 当時よく遊んでいたスーパーの社長に付いてきてもらい、一店舗目に到着。ワクワクしながら現車の前に着くと、そこにはあれ?と思う、きったねーテスタロッサが鎮座している。

「連絡したのだから洗車くらいしておけよ・・・」

そう思う気持ちを抑え、店のオーナーの運転で試乗に出かける。 若干、気持ちの冷めた目でナビシートに座ると、いきなり全開。からの全開。

僕も経験があるのですが、意図していない所から全開を食らうとビビる。 心の準備が出来ていないと口から心臓が飛び出るよ。 そのいきなり全開ドライブから帰って来たのりPさんが出した答えは

「これはやめよう」

きったねー車&いきなり全開ドライブの車に愛情は感じられない。 店のやり方が変わっていたらのりPの心を奪うことが出たのかもしれない。 当社の御客様でも

「あるお店に車を見に行くと連絡して後日向かったら、埃まみれでした・・・。で、それだけだったらまだ良かったのだけど、鳥糞付きでしたからね・・・」

と気持ちを萎えさせるには十分過ぎるバットポイント。

鳥糞はお客様の心もクリアも奪っていく。気を付けよう。

で、次のお店は横浜にある専門店。 ツーリングにも参加をしていたオーナーが代表をいうこともあり、連絡を入れると

「是非、来てよ!」

と、そうとう自信があるみたいだ。 後日、店に伺うと、また衝撃の走るテスタロッサが。埃まみれのきったねー車とは対照的な

「大理石のショールームに十数台あるフェラーリたちを差し置いて、一段高く絵になる場所にテスタロッサが・・・無数のピンスポットが深紅の跳ね馬を煌々と照らしている」

眩しい、眩しすぎる。 思い描いていた以上の光景に思わず目がくらむ。

そして、つい出てしまった言葉が

「買います!」

試乗もする前にお客様の心をバッチリ掴む。これぞ超高級店の成せる業。 その後は紆余曲折あったそうですが、

「あの時が一番、楽しかったな!」

と二人でワイワイしておりますから、いい買い物だったのだと思います。

あの時は良かった・・・と思い出すのもいいですが、まだまだこれからでっせ! ということで、今度のりPさん用にF355でも仕入れて来ようか。 最近はフェラーリバブルも収まりまして308、328などは昔より買いやすくなっております。

360と355はバブル時に上がらなかったけど、今も下がらず相場は安定(マニュアルシフト)近いうちに入庫したいものでございますね。

スポンサーリンク

コメント

  1. C43のT より:

    アクティトラックゥ~♪って歌は無いけど、
    E07Aに反応していまいました。
    ホンダ・ビートのエンジンと同じ型式(正確にはちょっと違うけど‥)
    リアミドシップレイアウトですから、
    買い物(スーパー)に行くクルマ(カー)に最適ですね(笑)。
    そーいえば、フィオラーノさんに初めて行ったのも軽トラに乗って行きました。
    私の今の軽トラは平成11年登録のアクティトラック(アタック:黒樹脂バンパー)
    平成11年はフェラーリ360が国内に入って来た頃です。
    F355が入ったら、私にも拝ませてください。

  2. takashi より:

    先日はわざわざステッカーを届けに来ていただきまして、ありがとうございます。 軽トラファンは多いですから毎度、話が盛り上がっております。 Tさんも平成11年繋がりで、アクティの横にモデナを置きたくなるかもしれませんね・・・そんなときはお声掛けくださいませ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です