決められるか?決められないか?

あるときの会話。

私「内外装共に凄く良い状態だと思います」

「珍しいですね~ ダッシュ周りは割れるし変形するし、天井は青空駐車だと間違いなく垂れるからね」

私「ミッションのショックも問題なし、オイル漏れもほぼ気になりません」

「珍しいですね。 ミッションは製造元が潰れているから、大丈夫でないと仕入れられないですものね・・・エンジンオイル漏れも定番だけど大丈夫なのは助かります」

私「エアコンも問題なしです」

「エアコンも問題なしですか~。 なんか怖いなぁ」

調子が良いことが不安になる車もそうはありません。 ダメもとで聞いてみて、やはりダメだった・・・ことが多い中、時には期待を裏切るものが出てくるものです。 そこで、決められるか、決められないか・・・が、アナタの車人生を左右しているものと思いますが、ブログを拝見したら、入庫しておりました!

ピッコロカーサ 京都さん

さすがです。 3.2ℓ ツインターボ370馬力 4速AT ブーメランテール

気になる方は是非。 944のMさんだったら、

「MTだったら俺が買います!」

と言っていただけたと思いますが、今回はATです。 ただ、状態は凄く良かった。私は乗ったことはありませんが、乗るとすさまじい加速していくのだろうなぁ。 キレイで豪華な室内に乗り込むと、色々と黒い噂があるのに飛び込みたくなる気持ちがわかります。

先日、紹介させていただいたパンダのS様も気に入ったアウディを即購入されたそうです。

当社でご購入いただけなかったことは残念に思いますが、ただその車は正規物の50台しか入ってきていないRS4。 並行物も見たことはありますが、これを逃すともう今後は出てこないかもしれない・・・問い合わせをすると、もうかなりの人から連絡を貰っているようだ。

「待っている人がいるからね~! 早くしないとなくなっちゃうよ!」

が定番の車屋トークだとしても、値段と台数の少ないRS4ということを考えると非常にお得な一台だと言える。(個体は見ておりませんが) 仮にRS4が気になっていた人が10人いたとして、その人たちはネットで

「RS4故障、相場、維持費、ウィークポイント・・・」

で検索をかけ、毎晩妄想していたことであろう。 そんな時が一番楽しい時なのだが、この車は非常にタマ数が少ない車。それを忘れたら大変なことになる。 理由は簡単で次がないから。 これで今回、連絡は入れたけど決めきれなかった人は、今日の夜にネットで

「RS4 売り物」

で検索をかけるが、本当にヒットせず後悔すると思う。 そんなときは一日落ち込みまくって忘れるしかないよね。同じ処方箋はないのだから。

中古車に限らず、中古品は唯一無二であるが故、価格や状態で迷って他者に同意を求めたい気持ちもわかるが、アナタの求めている気持ちいいツボはアナタにしかわからないのだから、

「いいと思ったら買う」

「良くないと思ったら買わない」

その2択ですぜ、ダンナ。

妻に

「今日、コレとコレのどっちを着て行こうか迷っているの? どっちがいいと思う?」

という聞かれた言葉の反面、本心では着ていきたい服が決まっているのだ。

「え~っと、左のデニムじゃないかな・・・」

「え~、コッチ? 今日の予報はかなり暑くなるらしいよ!」

「じゃあ、反対のワンピースでいいんじゃない?」

「そうよね、天気もいいし、こっちにしよう♪」

女性は同意を求めたくなる・・・と何かのテレビ番組で見たことがあるが、車選びの男性にもその気が少しあるように感じる。 相談する前にアナタの心はある程度・・・いや、表面張力で今にも答えがこぼれ落ちそうなほど決まっているのだろう。 だったら、決めてしまえばいい。

同意を求めようとして、それが逆の意見だったらお互い良い思いをしなくなる。私もお客様の強い意志をひっくり返すほどの強い発言権を持ち合わせていれば、今頃、愛犬のおやつの値段をチマチマ見ていないのだが、強い意志のある趣味車人たちへは、そっと背中を押す程度の営業力なのである。 だからこそ、たくさんの方が遊びに来てくれているのでしょうか? ありがとうございます。

所詮、趣味車だ。 生活に支障があれば売ってしまえばいい・・・というくらいの気持ちを持って、自分の目で選びましょう。 趣味はお金も時間も労力もかかるものです。

私も実車をみて

「これは最高だ!」

と思っても、大体の予算が決まっている。 が、

「これは相場のくくりに収まるようなクルマやないんじゃ!」

と気合を入れて、無断で買っていきたい車が数台あった。 それを逃すと非常に後悔した。

「あ~、なんで買わなかったんだろうな、 この後のセリは小粒ばっかだし、もう帰って寝たいッス」

と思ったことが何度かあったな・・・

ただ、電話で

「めっちゃいいですよ!予算数十万あげてください!」

と言っても、あまり現場の雰囲気は伝わらないのである。 ただ、それが本当にいい個体なのか、私のツボにハマっただけなのかは持って帰って、乗ってみないとわかりませんけどね。 下見しているものと、下見からの情報を聞いている者の情報の共有化は難しいものでございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 葛飾のS より:

    実はそんなにかっこよいものでなくて
    S4の値段がはねた情報を夜中にもらったので
    決めただけなんす。返事待ちにしておいて、
    だから、維持できるのか部品が有るのか今頃ビビり気味です。
    お金そそぎ込む財力もあるわけでなくて
    壊れたらどうしようとか、燃費はどうだろーと
    すぐ売りに行くかもですよ。
    その時は宜しくです。高いんですよネ(^^)v

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です