お久しぶりです

3連休、いかがお過ごしでしょうか?

もし、この時期自分に3連休があったら、大島に行って運動と酒と自然を楽しむであろう。 お盆明けに遊びにきたGTV乗りの蛇毒中毒さんが

「お盆に大島行って、ロードバイクと海と飯、最高だったわ!」

と話を聞いてから、来年は大島自然満喫の旅や! を虎視眈々と狙っております。 「〇〇の秋」と申します通り、何にでも〇〇に当てはまってしまう、過ごしやすい秋。 ここは皆さま、是非

「趣味車のある秋」

を満喫していただきたいと思います。 以上、宣伝でした。

このブログを見てくれている人には有名なゴロウと駐在さん。

明後日から衆院選の公示が始まりますので、忙しくなる駐在さん・・・ですが、安定して当社にも出勤してくれると思いますので現役・警察官バリバリ伝説を聞きたい方は予約なしで是非どうぞ。

それにしても駐在さんも境警察に来て、今年で5年目。 3~4年で転勤が当たり前の警察で、丸5年になると来年は本当に厳しいか。 誰か警察関連のお偉いさんが見ていたら、あと10年くらいここにいるようにして下さい。 お願いします。

ちなみに、茨城県警で一番忙しいとされている「境警察署&神栖警察署」

「アナタは次、神栖ね!」

と言われた日にゃ、みんなからニヤニヤされながら

「お疲れッス!」

と言われてしまう2強の時代が続いている茨城県。 そんな話を聞いたならば、次の駐在さんの転勤先は神栖なのか・・・神栖になり、次の日に

「まいりましたよ~泣」

という画しか出てこない。 なんだか、暇な警察署でのんびりしているより、忙しいところでバリバリやっている姿が似合うのであります。 そんな星の下に生まれているな・・・なんて思う今日この頃。

と、ここまで書いてしばらく放置しておりました。 日付がずれて読みにくくなり申し訳ございません。

気付けばもう22日。 先日、正式にシボレー・コルベット御契約をいただきまして、6速マニュアルのコルベットを買ってくれたのは18歳の青年。

「マニュアルだから惹かれました」

こちらと同じ気持ちを共有出来たことに嬉しさを覚える反面、今回の車が初のマイカーということで、少々不安がよぎる。 スポンサー(親)の許しを得て、VIPカーに乗る若者は良く聞く話だが、コルベットは初めてだ。

ただ、好きな車を買うためにほぼ毎日仕事(正社員)に行き、支払いは全て自分。 最初、一緒に御来店されたお兄さんからも

「弟は車が好きで、無駄遣いを一切しないんですよ~!」

と褒めておりました。 話を伺うと、月の休みは申告制で、頑張るだけ給与になり、仕事が楽しいとおっしゃっておりました。 車の選択に年齢は関係ない、社会人たるもの、要は自分のケツを自分で拭けるか・・・それが出来ないのであれば、軽自動車すら乗ってはいけない。 そんなところか。

ポルシェを買ってくれたYさんの息子さんが結婚式を挙げたのが15日。 おめでとうございます。 私はその前日の14日に休みをいただいて、友達の結婚式に行ってまいりました。

久しぶりに昔の仲間と会える、それも結婚式に行く楽しみであり、みんな元気にしていたことを聞くとモチベーションも上がるものでございます。 自宅からの最寄り駅「守谷駅」からつくばエクスプレスで「北千住」~東京メトロ千代田線で「表参道」のコースで行くと乗車時間は58分ほど。

「うわ~、すげぇ街だっぺ」

そんな言葉をうっかり発してしまわないよう、気を付けながら式場へと向かう。 魅力度最下位を死守している茨城県だが、車を走らせる環境は間違いなくコッチが勝ってるさ・・・なんて思っていたが、意外にも青山の街中は人は多いが車は少なめでした。

ただ、走っている車の高級車っぷりが半端ではなく、さすがは世界でも類を見ないほど高級車が走っているtokyo。とどこかで聞いたことがあるような。 2020年の東京オリンピックで多くの外国人観光客が

「Wow! 何か車のイベントでもあるのかい?」

と聞かれてしまうことがあるかもしれない。

「This is daily life of Tokyo」

受け答えはこんな感じでいいのだろうか。 もちろん、和訳ソフトを使わせてもらった。英語は苦手だ。

現行911タルガが目の前を通り過ぎて行ったが、彼らの生活であればこのくらいの駐車料金は安いのだろうか? 20分500円。時給換算1500円。 僕の初めてのバイト時給800円。

裏路地だったから思わず写真撮ってしまったよ。東京恐るべし。

そして、こちらはパンダのO様からのご紹介でステップワゴンとアトラス・トラックを納めさせていただくことになりました。

高年式・低走行ということで、オークションの評価点は安心・・・ということはなく、今回は2台の候補車を見つける。

一台は

A「8000キロ、評価点4.5 内装A」

もう一台は

B「16000キロ、評価点5 内装A」

どちらも27年式で装備がほぼ一緒となれば、距離が少ないほうがいいよね。 と思い、Aを下見。 さすがに気になる傷もほぼなく、内外装に関して言えば全く問題なし。 が、錆がなかなかいい感じに付いている。 ナンバーは名古屋。 名古屋でも錆が付くのね。

これが10年落ち、距離8万キロなら問題なし。 が、新車から2年落ちでこのローターのミルフィーユっぷりは美味しそう・・・ではなく、気になるところ。 &タイヤのヒビが2年、8000キロではありえない。 たまにあるよね。低走行・高年式でタイヤの劣化。 ということでAは却下。 これがめちゃ安かったらタイヤをデシベルに変えて低走行でいいけど、8000キロ・2年落ち、4.5/B評価だと見ないで買う人多いから、細かな状態に関係なく上がることが多いのよ。

Bはすべてにおいて問題なし。 唯一、Aに負けている点はテレビがフルセグではなく、ワンセグだったくらいか。 ここは許してほしいぜ・・・と参戦すると、2台の価格はほぼ変わらず。 下見をしていなかったら

「あっちのほうが8000キロ少なかったな、チクショウ!」

と後悔しましたが、状態は誰が見てもこちらに軍配であろう。 満足な仕入れでした。

下見の時に

「さあ、観音開きはどのように開くんだい?」

と街を走るステップワゴンを見て思っていたら、片側に開くのですね。

メーターの隅っこに

「ここは50キロで、追い越ししちゃダメよ」

と知らせてくれる親切さ。 これがあれば東名の80キロから100キロにちょくちょく入れ替わる、覆面パトカーが大活躍区間も安心してドライブ出来るってものですよ。

只今、納車に向けて準備をしております。 もうしばらくお待ちくださいませ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です