真紅のポルシェ入庫&シャマルを見たよ

只今、遊びにきていた山科さん。

愛車の2CVで御来店です。 趣味車を扱っていると

「こんな車いつ乗ればいいの?」

と質問をいただくことがありますが、いつでも乗って下さい。車ですから。 こちらの2CVは通勤用で趣味用に911。

「好きだから行けるところまでいってみます!」

と相談を受けまして、今現在すごく楽しそうに趣味車のある生活を満喫されております。エリーゼで毎日オープンにして通勤、バーキン7で通勤・・・当社のお客様の話を聞くと

「なんだか大丈夫そうだね・・・」

と背中をプッシュしてくれる話がそこら中から湧き出ております。 奥様用に自分の趣味を強要する、100%すねをかじり何かあったときは人任せ、等の理由がある場合は私も応援できませんが、その他なら任せてください。

さて、コチラは今週仕入れましたホンダ・バモス。

仕事用にとK社長がオーダーをくれた一台です。 ターボでAT、走行距離が48000㎞、車検が再来年となかなか良い個体を仕入れる事が出来ました。

日曜日にも仕事用の車の相談で予約が入ったり・・・数の多い車を御注文いただけること、それが本当に嬉しい。 こういっちゃなんですが、どこでも扱っている車種ですからね。それでも指名してくれるお客様はいつまでも大切にしていきたい。 K社長、いつもありがとうございます。

そして、コチラ。

緑の中を走り抜けてく真紅なポルシェ。

こちらの2700cc、5速MTで緑の中を走り抜けてくれる方をお待ちしております。世代ではない私も事あるごとに聞かされていたので、山口百恵がプレイバックする。 赤いポルシェのイメージは強いが台数は非常に少ない。なぜでしょうね。 ちなみに、川上さんが口ずさむのは真っ赤なフェラーリ。森山さん、この曲知ってますか?

僕はいつか仕入れてみたいと思っていた色なので、今回の仕入れに満足しております。 それプラス仕入れたかった車もありましたが、今回は断念。 ここのところ、ボクスターを2台、135i、DS3も一台増えて、結構な台数となっております。

オークションで魅力的な車が出ているときに資金がない・・・、そんなことよくあるよね。

業者オークションももちろんこの世の中と同じ資本主義社会。 ただ、そこには金を持っているか、よりもどれだけの貢献度があるかで立ち位置が決まる。

1千万円のポルシェを一台買う業者と30万円の軽自動車を10台買う業者。 金の動きでは1千万は華やかだが、一台につきいくら、と仲介料をもらっているオークション側は台数が多い、それに越したことはない。

そういえば、9月にあったイベントも面白い。 20台出品で3000円、50台で10000円、100台で30000円のクオカードが貰えるサブイベントだ。

よくよく見て欲しい、100台出品をして30000円のクオカード。 車という高額な商品を100台も出品してたったの30000円。 一台につき300円だ。 ミニカーをヤフオクで一台売っても300円くらいの利益は確保できるのではなかろうか。

じゃあ、なぜそのイベントを開くのか。 そりゃ、会社内で力のある人間向けに

「多少損してでも持ってきてくださいよ。お願いしますよ」

とオークション側が大型店にゴマをするのではなく、その店の権力者たちにゴマをする。 大量に出品してくる業者はだいたい大型店だ。 個人経営でやっている人向けにこのイベントは成立しない。あのサブイベントを見たとき悲しくなったッス。

オークションはオークションで、どうしたらもっと出品台数が増えるか・・・を考えているのですね。

バシッとスーツで決めた私と同世代の男たちが、100台単位の台数を売りさばく。 まあ、こう書くと

「すげ~、100台で100万でも1億か。 若いのに結構な権限が与えられているのね・・・」

と思うかもしれないが、その台数を一人で買取りした訳ではなく、複数店舗、あるいは大型店の営業全員で買取った台数であるので、売りさばくこと自体は大したことはない、というか、誰でも出来る事です。 そうゆう奴らが会場内の席で、ゴミを撒き散らしながらデカい顔をしている。 顔がデカいのは僕もですから仕方ないけど、ゴミ拾えよ。

その会場で

「なんか不具合あるからここに出すよ。検査もしないし、ノークレームだよ」コーナー、

通称ホワイトコーナーで物色している車屋もいれば、高年式コーナーでほぼ満点評価、1~2年落ちの5000キロ以下、の個体を下見をしないで、エアコンの効いている席でお菓子をポリポリ食べながら落札している業者もいるし、まあ色々です。

当社クラスの規模の会社が超有名店の仕入れと被ると勝ち目がない。 100万円前後の在庫車を扱っている店と、平均500万オーバーが数十台の店が競り合えば結果は見えている。

「ま、高くても仕方ないか」

そんな余裕ならもっと違う奴狙ってよ。 素敵な個体を逃すと思う。

「金持ってる車屋は羨ましいぜ。」

ちなみに今週のセリにて

「エキシージ」「996GT3」「シャマル」

がありまして、

「こりゃ、銀行に借り入れをして3台まとめて仕入れちゃいますか!」

と妄想をするも、予想をはるかに上回る値段で落札。 フィオラーノ店内に3台が置いてある妄想をすることもなく打ちのめされる。 それにしてもシャマルって高いっすね。 ギブリに似てるからそのくらいを想像するも、全然値段も違うんすね。 なかなか見ないもんで相場を知りませんでした。調べてみたら300台そこそこしかないのですね。まあ、見れてよかったッス。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 葛飾のS より:

    ポロGTIとルポGTI、アップあたりが気になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です