タイプR入庫しました。

花粉の時期がやってきましたね。 私は幸い花粉症ではありませんが、まだこの時期は乾燥している為、体内にすぐ溜まる静電気に手を焼いております。 最近は軍手の上から放電されることもあり、自分のポテンシャルの高さに驚く。 が、全く嬉しくありませんので、ゴム手袋を定期的に使っております。

このゴムに包まれている時の安心感、何度も何度もクルマから乗り降りしても、絶対に電気が走らない安心感はたまらない。

全く経験がなく、共感できない方の為に何か例えを挙げるならば、消臭力のCMに出演している西川君が生歌を披露する安心感がゴム手袋。 生放送で、中居君の歌う出番が来た時のハラハラ感が素手。 北野武のアウトレイジ続編が出てきた時の安心感がゴム手袋、松本人志の新作映画が出てきたときの不安感が素手。

花粉が舞い散るこの季節。 マメに洗車をしてあげないと、花粉がボディに多く付着しベタベタになるので注意しなくてはなりません。

もう触らずにはいられない、そんな状態で迎えられるようにしたいですね。

ホイールが白でもいつもピカピカに。

エンジンルームも綺麗を保つ。 簡単そうで実践できている車屋は少ない。うちも毎日ベストな状態で維持出来ているかと言えば、そんなことはない。 暇だ、暇だと連呼するより、いつも在庫車の一台を丁寧に洗車し、掃除機をかけ、エンジンルームを綺麗にする。 車の管理に終わりはない。

何もしなくても、なんとなく管理をしていても、しっかりやっていても車屋は営業できますから、車屋にも全国規模の監査があったら面白そう。 前職時代の飲食店では監査の満点は1000点。あの基準で今の店を照らし合わせてみたらどうだろう・・・ああ、ブログなんて書いていないで洗車をしよう、そうなっていたかもしれないな・・・。

大型店では営業マンと仕上げを担当する人が違う。

「これもあれも綺麗にしますよ~! ピカピカになりますよ~!」

と言っている人物が仕上げの担当をしていないのだから、言うのも楽なものなのだ。私はそういうのが苦手なもので、あれもこれもどれも綺麗になりまっせ!新車のようになりまっせ!とは言えません。 在庫車を見て判断していただきたいと思います。

内装と外装、どちらが汚れていると許せないか・・・と私の場合はどちらかというと、内装。運転している時に目に付くからね。

コチラ在庫車のシビック・タイプR。 仕入れた時から内装も綺麗でした。 大体、汚れやゴミの多い車をざっと掃除をして持ってくるときは、ココ↑らへんやセンターコンソールとシートの隙間、運転席の下、シートの隙間、リアシート下、リアドリンクホルダーの埃、トランク下・・・などはやってこないことが多い。

元から凄く綺麗でした。 前オーナーさん、内外装共に綺麗に使っててくれてありがとう。 今まで下見したシビック(5~6台、全てこれより低走行)より、断トツに素敵な個体だと思いました。 仕入れられたことに超!満足しております。

滑ると嫌がるかたもいらっしゃいますが、フロアマットのサイズに合わせ、ズレないようにクリップで止める。 マメでございます。

私はホームセンターで買ってきたマットをハサミでちょん切って使っております。

が、ちょっと寸足らずで先の方のゴミが気になる。 甘いッスね。

駐在さんが車を綺麗にしているとゴロウが吠える。

「俺の乗る車なんだから毎回、綺麗にしてらんないぜ!」

ゴロウさんのおっしゃることはその通り。 車屋だから車を綺麗にしているだけなので、個人で楽しむ分なら、全く気にすることはない。そこは車掃除好きの趣味の領域です。

ただ、車屋の在庫車が薄汚れていて

「中古車なんて、こんなものですよ」

と汚れていることを申し訳ないと感じない車屋もいかがなものか。 3万キロで200万円するバリものの車と、13万キロで100万円の使用感のある車のどちらを仕入れるのかは車屋の自由。キズの有無や、各部品の消耗具合は値段相応になると思うが、きったねー車は怠慢です。 ただ、風の強い日だけは勘弁してください。

最後になってしまいましたが、出張中の川上様へ。

魅力的なシビックタイプRが入庫しました。 無限のマフラーとフロントフェンダーカバーを装着し、ドアハンドルやフューエルリッドは後期仕様へ。 ハードディスクナビも付いております。

触りたくなる綺麗なボディに座りたくなるシート。 高回転でぶん回してもホールド感バッチリのシートで峠を攻めて下さいませ。

5~6万キロでもシートの擦れがヒドイものもありますが、コチラはヘタリなし。縫い目のほつれもなし。 全くヤレがないから、至近距離からのフラッシュをたいちゃいました。

ミシュランパイロットスポーツ4。 年式も新しく、山もバッチリ。

「なぜ、今の時期に入庫したんだ・・・」

俺のアルファロメオはどうするのよ・・・と悩んでいただけるほど魅力的な個体だと思います。 福島県のH様も是非、見に来てくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です