モンテカルロご成約!

今週の金曜日にスマートとパッソの名義変更が終わりました。 2台ともお引き取りに来ていただけるということで、大変助かります。 ありがとうございます。

普段、2台しか入らないスペースに軽く3台が納まるスマートとミニとパッソ。 先日、売れたチンクを含め小さな車たちが一斉に飛び出して行きました。

同一車種へ一斉に問い合わせをいただくこともあれば、ドイツ車ばかりが出ていくときもある。 商売に限らず、人生には波が存在すると思っております。 だから、その時のためにコツコツやれることはやっておく。 やることやってなければ波が来ても、それに乗れずに終わっていくだけですからね。

そして、こちらはオーダーをいただきましたスズキ・エブリイワゴン。

この次の型からエブリイワゴンもエブリイも同様、テールがバンパーにインしております。 うちの愛車はサンバーなのでエンジンは後ろ。 エブリイは運転席の下。 いつもの癖でリアを見たら

「エンジンがない!?」

となりそうでしたが直近で納めましたし、さすがにもう大丈夫。  先日、下見をしたモンテカルロのエンジンフードの開け方も経験がありましたので、滞りなく下見を終える。 たまになぞなぞみたいな隠れオープナーがありますし、後ろに開いたり、横に開いたり、スマートみたいにパコって取れちゃったり。 色々楽しませてくれます。

先日、ご紹介したモンテカルロがご成約となりました。

この車を一目見ようと多くのお客様がご来店され、非常に賑わっていた店内。 まだネットに載せる前でしたので、販売価格は皆さんのご想像の中・・・。

実車を見た後、価格を伝えると

「それなら売れますね・・・もっと高くても良かったんじゃないですか!?」

と返してくれる方が約6割。

「そうなんだ~。 やっぱり高いんですね~」

が3割。

飲んでいたカルピスを若干、吹き出しそうに

「マジっすか~!????」

と驚いていた駐在さんが一人。 あの反応は100万円を軽く下回るものだと思っていたハズ・・・ですが、それは仕方がありません。 というか、ランチャ・モンテカルロの相場を熟知しているエンスーたちがもう変態の域に達している。 だって、売り物ないもの。そして、街で見かけたことないもの・・・。わかるわけないよ。駐在さんの気持ちよくわかるッス。

色々な反応をいただきましたモンテカルロ。 車体ナンバーから製造年を調べると、もう最後の最後、81年に製造されていたことがわかる。 もうだいぶ昔に、モンテカルロを買ってくれたオーナーさんが

「これ見ればわかるから調べてみるよ!」

と、お昼過ぎに来てくれました。 私はてっきり

「社長が呼んだのかな」

なんて思っておりましたが、向こうは商談をしていたお客様と昼飯を食べに行っていたので

「青松が呼んだのだな」

と思っていたみたいです。 商談をしていた車と同じ車が来たもので、久しぶりにご来店車にビックリしました。

「ネット見たら出てたから来たよ!」

と仕事の合間に来てくれたIさんのモンテカルロはより快調そうだ。 やはり車は乗ってナンボ。

「ゼニアのシートいいな~」

などとモンテカルロ話に花が咲く。 車が人を呼び寄せる。 そげな店もなかなか居心地が良いですよ。 今週の水曜日も休まず営業致しますので、多くのお客様のご来店をお待ちしております。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です