また入庫しました。

早速ですが、またZ3が入庫しました。

前回のトパーズブルーとエストリルブルーの華やかな印象から、少し地味なイメージをさせてしまうでしょうか、こちらはチタンシルバー。 直6・2200ccの右のAT。

「オープンで目立つから地味なカラーがいいな!」

という方と

「どうせ目立つのだから目立つカラーがいいよね!」

趣味の世界は人それぞれですので、私たちはピンと来る個体を引っ張ってくるのみ。 それに共感してくれる方がいれば、嬉しい限りでございます。 今回は前者の思いを持つ方用に、良いZ3を仕入れることが出来ました。 ただ、外装の落ち着いた表情から一変、内装は華やかなのでございます。

こちらがその内装。

センターコンソールを取り外し、カーボン調シートで綺麗にカスタマイズしている車両は見るが、今回のような柄のパネルを付けている車両は珍しい。

このドアインナーハンドルとサイドブレーキレバーは染Qで塗ったのでしょうか。 多少のテカリが出ております。 ただ、非常にうまく仕上がっており気になる事もない。 自分で染めたのか、業者に依頼をしたのか・・・まあ、良く出来ていれば経緯は問わない。 趣味を極め、プロ級に仕上げてしまう方もいらっしゃいますからね。

ステアリングも中の雰囲気に合わせ、赤黒レザーを貼り付け。 一切の緩みがない、素晴らしい。

たまに手作り感溢れる

「ああ、自分仕様に楽しみながら作業したんだな・・・」

という車両を見ることがあるが、こちらの車両は非常にうまく仕上がっていると思います。これを100万円を大きく下回る価格で乗れることができれば・・・と思っていたら仕入れることができました。

テスト走行をして、エンジン、ミッション、走行時の異音も問題なし。 電動シートもシートヒーターもいい感じだ。 エアコンのコンプレッサー作動、冷風も問題なく、温風・・・とダイヤルを回すも温風が弱い。

「下見の時は出ていたような気がするんだけどな・・・」

と何度かクルクル回していたら温風が出ました。 切り替えのダイヤルがうまく働いていないようでしたので、ここを直していただいている最中です。

本日、駐在さんのZ3が車検も上がり、初めてのドライブ。

「直6の車を初めて乗りましたけど、楽しいっス~!!」

と少し興奮気味に楽しんでもらえたようで何よりでございます。 低いシートポジションから滑らかな加速と共に響く音。 クラウンとはまた違った世界においでやす。

以前、在庫車を見に来ましたお客様はバイクも大好きだったようで、店内のテスタロッサを見て

「フェラーリでもバイクの快感は味わえない!」

とバイク推しの発言をされておりましたが、全くその通り。 フェラーリじゃ、バイクの快感は味わえない。 逆に言えば、フェラーリの快感はバイクじゃ得られないのでございます。テスタロッサや512TRに限らず、Z3にはZ3の、チンクにはチンクの良さがありますから、他でその良さは絶対に味わえない。

色々と比べて何が心に刺さるか。何が偉くて、何がツマラナイのか、そんなものは個人の感覚ですからね。 そういった意味で、「Z3」の走りが駐在さんの心に刺さったのならば、これほど嬉しいことはありません。

是非、奥様とデートに行って欲しいものでございます。

78ミリと82ミリのエンブレムを頼んだら、82ミリが2枚来ちゃった! と嘆いていた駐在さん。 そんな細かな部品の値段を調べ、お小遣いの中で探している時間も楽しい。 まさに一分の一のおもちゃです。

これからも是非、楽しんで下さいませ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です