30代連合軍

先週の日曜日。 台風前だった週末は非常に天気が良く、こんな日は洗車日和だ。 と思っていたら、埼玉県越谷市からSさんがご来店です。

車の相談でもなく、娘さんのサッカー情報でもなく、まずは店から100m先のカブトムシ&クワガタ採取ポイントへ。

私は東京都育ちとはいえど、そこは八王子。しかも最西端・高尾。 このくらいの林じゃ、まだまだ甘いぜ・・・と軽く思うも、カブトムシの出現率はこちらの圧勝。

山があればいいってもんじゃないのか。 犬の散歩でよく山を登っておりましたが、カブトムシと遭遇した思い出がない。 この思い出をいいように利用して

「都会だったから、カブトムシはほとんど見れなかったんだよね~!」

と口が滑っても言えないさ。だって高尾だもの。

先日の944と968の画像同様、東京と茨城の写真を見比べても全くわからない。

こんな情報を流せば流すほど、店の価値が薄らいでいくのは気のせいか。 ただ、私たちが商談させていただいているのはエンスージアスト。 環七沿いの豪華なショールームに惑わされることもなく、各々がしっかりとした見極めポイントを持っている。

「昔はよかったな~」

と思い出に浸る方がいらっしゃるが、私はこの時代で良かった。昔じゃ、ここで車は売れないよ。 だからこそ、多くの方が来てくれる。 最近、土日は賑わいをみせているフィオラーノです。

こちらは、昨日納車させていただいたメガーヌ!

ABSの開発をされている千葉にお住いの長田さん。 ほぼ、私と同じ年ということもあり

「ブログでイニシャルを連発していると、私自身こんがらがることがあるので、お名前をだしてしまってもいいですか?」

と伺ったところ、快くOK! これで、駐在さんを筆頭にした30代トライアングルが完成。当社のお客様を年代別で見ると40代の方が一番多く、その次は50代。 スーパーカー世代を中心とした世代はさすがに超詳しい方が多い。

これで、30代中堅連合軍を結成すれば、2強世代に太刀打ちできるか。 ここで打順を組むならば

一番・駐在さん

・・・スーパーカー世代にもGTRに興味を持つ方は多くいる。 34GTRでイケイケにぶっ飛ばしていた思い出をツインターボに乗せて語れば、どんな剛腕もたじろぐであろう。

2番・青松

・・・たいしたことは出来ないので、相手を観察し送りバント。 駐在さんのツインターボがさく裂しなかった場合は、私の役目は終える。 一番打者と一蓮托生。

3番・長田さん

・・・最新車種のABSの開発ということもあって、最新のジュリアを含む実体験が豊富。 相手ピッチャーがデータで固めた攻めをしてきても、

「俺、この球も知ってるッス~!」

と適時打を打ってくれるであろう万能選手。

4番・山科さん

・・・イプシロン・147GTA、964。 すべての球種、コースに対応できるわけではないが、ツボにハマったときの情報量で軽くスタンドイン。 日本のホームランアーティスト・中村剛也選手のようになってほしい。

「これで、誰が来ても勝負になるハズ!」

と本腰を入れながら、ブログを書いていたら944 S2のM様がご来店されました。 そしたら、以前のBMWの話(私がBMWを好きになれないわけ)に続き、今度は

「気持ちよく峠を944で走らせていたら、まさかのロータス・エキシージに後ろを付かれて、前方を走る車両は何もいない。 それから先の話はご想像にお任せ致します・・・の話」

の面白さに、まだまだ自分の力量不足が露呈する。 勉強になるッス。 ちょっと30代連合軍で今度、作戦会議でもやりましょう。

場所は人生ラーメンでいいですか?

下見を兼ねて、この間のクワガタ採取の日に、Sさんを誘って一緒に行っちゃいました。

クワガタの話と連合軍と人生ラーメンの話ばかりでしたけど、一応、仕事もやっております。 最後に新しい在庫たちのお知らせです。

シトロエン・DS3 スポーツシック

ワインレッドに引き続き、こんどはブラウンの入庫です。 走行距離は7万キロ台。 先日、ワインレッドの個体は川崎市のS様に即決していただき、

「またいい個体が出たらいいな~」

と思っていたら、すぐに入れることが出来ました。結構、スポーツシックは数少ないのですけどね。 ワインレッドを即決してくれなかったら、こちらの車両も入庫することはなかったでしょう。S様、ありがとうございました!

車両は来週木曜日から整備に入る予定です。 よろしくお願いいたします。

お次は

BMWミニ クーパーS ジョンクーパーワークスGPキット

国内160台。 世界限定2000台。 こちらもイベント外で見る機会はほとんどなし。 先日、息子さんの車のご相談をしに来てくれたY様に納めさせていただいたJCW、走行距離の多めの個体に引き続き、個体として扱うのは3台目です。

専用ステッカーが外されているのがどう出るか。 走行距離は7万キロ台。 これから鑑定してもらう予定なので、詳しくは後日お楽しみに。 板金はされておりますが、修復歴は無。 上のスポーツシックと同様、主要機関・エアコン・足回り等からの異音なく問題は今のところ見つからない。

どちらも良い個体を仕入れることが出来たと思っております。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です