406入庫

プジョー406クーペが入庫しました。

406、バルケッタ、916系・・・後期モデルになると、なんだかビックマウスになる。 これが当時の流れでしたが、時が経つと前期モデルが人気になる。 この例に当てはまらないとなると、クリオV6・・・くらいかな? B3や203などはまだ新しい部類に入るので、後期が人気ですね。(そんなこと言ったらクリオも一緒か・・・)

前期と後期ではマスクが変わり、エンジンも16psパワーアップしています。 中期はマスクが前期で、エンジンが後期。 あとはブレーキなどがちょくちょくと。

私はどちらの顔も好きで、状態が良ければどの406クーペでもウキウキ下見が出来ます。V6の裏側に付いているイグニッションコイルが熱でアウト。 定番の弱い所もございますが、一度変えてしまえばすぐ・・・ということもないし、このデザインが大好きならばいっていただきたい一台でございます。

今回は薄いブルー。 大型クーペで淡い色が似合う車もそうないね。 私の印象はV6のエンジンパワーや繋がり方に特徴のある4ATよりも、独特の柔い乗り心地。 固すぎず、柔らかすぎないシートと相まった406クーペの独特な乗り心地。

もう少し重くして欲しいと願う、ステアリングと重なれば、おそらく目をつぶっていても車種を当てられるのではなかろうか。 若干被る?607とはシートが違うし、他の車とは共通しそうな車はないし・・・たぶん大丈夫でしょう。

W220にもこのようなカラーがありましたが、221になってからなくなってしまった。 デカいボディに淡いブルーも似合うと思うんですけどね。

青松ゆえに、青のボディカラーは好きなのですが、ドイツ車の特にベンツ、BMW、アウディにはあまり人気がないように思えます。 以前、相談されたF10やW212の濃いブルーと淡いブルーの車両を見ていたら、白・黒より断然安かった。

他に埋もれないハッとする色で、洒落てていいと思いますよ。 210系のクラウンも淡く・・はないですが、ピュアブルーメタリック、あれも好きです。

アルファロメオGTVは身長や横幅に大きく規制が入るのに対し、406クーペは大きな座面で迎えてくれますから、誰でも大丈夫。 145㎝の猫ひろしでも、188㎝の松岡修造でも大丈夫。

4人乗り。 毎回、後部座席に乗る方はひと手間かかりますが、スペース的には普通に乗れます。大人が乗っても全く問題ないと思います。 このレザーはアレザンレザーと言うそうです。

運転席・助手席を倒すと自動で前に動いてくれる。 たまに壊れている車両があるので、気を付けてください。

ドリンクホルダーまでも革。 後期モデルになり、シート同色の革張りセンターコンソールとなりました。 たしか、赤革は同色じゃなかったと思います。

本日は昨日と打って変わって、非常に寒い一日となりました。 ただ、昨日の強風も止んでいたので、車屋的には今日の天気は歓迎でございます。 今週の木曜日にアルファ147と、本日ミニの商談が入りましたが、即決には至らず。

月によってローンのお申し込みが多いこともあれば、その逆もあり、即決に関しても同様。なかなかフラットには行きませんが、本日は

「バイクをいじりにTさん、遊びに来たKさんとYさん、タイヤを持ってきてくれたKさん、修理依頼のSさん、ミニを見に来てくれたSさん」

ここ数年、土日に誰も来ないという日がありません。 買っていただいてから来てくれるお客様が多く、そういえば、レビューの投稿数も少しずつ増えてきました。 本当に、ありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です